アースミュージアムプロジェクト

(旧 秦野の森の物語プロジェクト)

プロジェクト趣旨

私たちが暮らしている地球。私たちが便利で快適な生活をおくることができるようになった一方で、明日の暮らしが保証されていない人々も、この地球上で同じ時間を過ごしています。そうした問題の本質に、日本で暮らしている私たちのライフスタイルが深く関係しているとしたら、あなたは何を考え、これからをどう生きますか?

この授業では、過去を学び、現在を見通し、未来を想像し創造する力、すなわち豊かな「人間力」の獲得を目的として、先進的に活動をしている人を招聘したイベント(講演会等)を企画・立案・運営する活動を自ら考え、集い、挑み、成し遂げる体験を通じ、社会で活躍する人材に成長することをめざします。その上で、商業的な利益や経済的な効率に対して批判的思考を持ち、一人一人が共に生きることができる公正な地球社会づくりへの参加に向けた具体的な行動(Action)へのきっかけづくりの場とすることを目的とします。

研究キーワード

持続可能性(Sustainability)/地域/環境教育/開発教育/世界/ESD(Education for Sustainable Development)

主な担当教員

岩本 泰(人間環境学科自然環境課程 准教授)
梶井龍太郎(芸術学科音楽学課程 教授)
室田憲一(人間環境学科課程自然環境課程 教授)
藤巻裕之(人間環境学科課程社会環境課程 講師)

募集学生定員数

コアメンバーは40名程度(人間学2の実践プログラム段階での募集人数)

SOHUM領域科目

自然環境(環境教育論、環境倫理)
人間環境共通(環境学序論、環境体験演習1、環境体験演習2)
社会環境(地域福祉論)
音楽学(音楽通論、合唱1、合唱2、音楽産業論)
美術学(東洋美術史概説A、芸術学)
デザイン学(環境デザイン論、色彩学)
国際(国際文化交流論、日本現代史)