実技レッスン科目一覧

東海大学音楽学課程では、すべての学生が実技レッスンを受けることができます。
レッスン科目の選択は、入試での実技試験の選択に左右されることはありません。
多くのレッスン科目において少人数制、またはマンツーマンのレッスンが行われます。

また、東京交響楽団との「文化交流協定」により、日本を代表する楽団で活躍する一流の奏者からレッスンを受けることのできる科目もあります。

・声楽

・鍵盤楽器
ピアノ、チェンバロ、フォルテ・ピアノ、パイプオルガン

・弦楽器
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス

・管楽器
フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、サクソフォーン、ホルン、
トランペット、トロンボーン、ユーフォニアム、チューバ

・打楽器

・古楽器
ヴィオラ・ダ・ガンバ

・邦楽器

・作曲
ポピュラー/クラシック

楽団との文化交流協定

本学と東京交響楽団は、2004年に教育研究活動や音楽文化事業における連携・協力に関して文化交流協定を締結しており、第一線で活躍する演奏家を講師に迎えて芸術学科音楽学課程の学生に向けた実技指導を行っています。

また、音楽界で活躍する本学の卒業生と東京交響楽団、現役東海大学学生選抜によるコンサートやイベントが開催されることもあります。