コロナの中も続く学生の多文化サークル「ベイジョ・メ・リーガ」の学習支援活動

コロナの中も続く学生の多文化サークル「ベイジョ・メ・リーガ」の学習支援活動

国際学科の学生たちが2010年に始めたサークル「ベイジョ・メ・リーガ」は、主にブラジル学校の子どもたちと交流する多文化サークルです。毎年開いている「マルチカルチャー・キャンプ」が大きなイベント。普段からも、日本各地のブラジル人コミュニティとの交流を続けています。

コロナのために今年はキャンプは断念しましたが、学生たちはオンラインの仕組みを使って近隣の外国人コミュニティや、茨城、栃木、群馬、大阪などのブラジル学校の子どもたちの日本語学習や宿題のお手伝いを続けています。