黒須 正明

KUROSU, Masaaki

 

役職

講師

担当授業

インターフェイスデザイン論

専門分野

ユーザ工学 / Human Computer Interaction / 人工物発達学

 Profile

1978年早稲田大学文学研究科(博士課程心理学専修)単位取得満期退学、日立製作所に入社し、中央研究所で日本語入力方式やLISPプログラミング支援環境などのソフトウェアシステムの研究開発に従事。1988年同社デザイン研究所に移り、インタラクションデザイン、ユーザビリティ評価の研究に従事する。1996年に静岡大学情報学部情報科学科教授として赴任し、ユーザビリティ工学を発展させたユーザ工学の体系化を行う。2001年文部科学省メディア教育開発センター教授として赴任。
2004年から独立行政法人メディア教育開発センター教授、理事長補佐、および国立大学法人総合研究大学院大学教授、文化科学研究科研究科長として現在に至る。
現在は、人工物のライフサイクルの研究と、長期的ユーザビリティ、人工物発達学などに興味をもっている。
学会活動として、APCHI98大会委員長、IFIPTC13委員会日本委員、JIS TC159/SC4/WG6主査、ヒューマンインタフェース学会国際担当理事、INTERACT2001大会長などを歴任。現在はNPO人間中心設計推進機構の機構長などをつとめている。
http://user-engineering.net/
kurosu/kurosu.html

 所属学会 人間中心設計推進機構 / ヒューマンインタフェース学会 / 日本心理学会 / 日本デザイン学会 / 日本人間工学会 / 情報処理学会など
 主な論文・著書 「ユーザビリティハンドブック」黒須正明、山岡俊樹、小松原明哲、早川誠二、若松正晴 (編集幹事)、共立出版 2007
「ユーザビリティテスティング」キャロル・バーナム著、黒須正明監訳、翔泳社 2007
「人間科学と工学の融合点 ユーザ工学の定立とその周辺」in 構造構成主義研究 1 (1) 「現代思想のレボリューション」西條剛央、京極真、池田清彦(編)、北大 路書房、2007
「ユーザ工学に至る道」in 西條剛央、菅村玄二、斎藤清二、京極真、荒川歩、松嶋秀明、黒須正明、無藤隆、荘島宏二郎、山森光陽、鈴木平、岡本拡子、清水武・編「エマージェンス人間科学、理論・方法・実践とその間から」、北大路書房、2007
「ユーザビリティテスティング」in 人間生活工学研究センター編「ワークショップ人間生活工学 第三巻 インタラクティブシステムのユーザビリティ」、丸善、2005
「人間中心設計」in 人間生活工学研究センター編「ワークショップ人間生活工学 第一巻 人にやさしいものづくりのための方法論」、丸善、2005
「ペーパープロトタイピング 最適なユーザインタフェースを効率よくデザインする」Carolyn Snyder(著)、黒須正明(監訳)、オーム社、2004
「ユーザビリティテスティング」黒須正明編著、共立出版、2003
「A Cultural Comparison of Website Design From A Usability Engineering Perspective」in Human Factors and Web Development (2nd Ed.)、Julie Ratner (ed.)、LEA、2002
「ISO13407がわかる本」、黒須正明、平沢尚毅、堀部保弘、三樹弘之、オーム社、2001
「人間中心設計と感性」in 「感性工学と情報社会」鈴木邁監修、大澤光編著、森北出版、2000
「岩波講座 マルチメディア情報学9「情報の創出とデザイン」」、安西祐一郎、浜田洋、小澤英昭、中谷多哉子、岡田謙一、黒須正明、岩波書店、2000
「ユーザ工学入門-使い勝手を考える、ISO13407への具体的アプローチ-」、黒須正明、伊東昌子、時津倫子、共立出版、1999
「認知的インタフェース」海保博之、原田悦子、黒須正明、新曜社、1991