学生たちが製作した「ベジタマ紙芝居」と読み聞かせDVDが平塚市に寄贈されました

2月18日、平塚市役所第一応接室で、デザイン学課程の学生から平塚市の落合市長に、ベジタマ紙芝居6セットとDVD40枚が寄贈されました。

この取り組みは平塚市農水産課が窓口となったもので、一昨年に平塚市民・大学交流事業の一環としてデザイン学課程の学生たちが製作した「ベジタマ紙芝居」(平塚市の地産地消キャラクターであるベジ太とひらつかタマ三郎が登場する幼児向けの食育をテーマとした紙芝居)と、今年度に制作した読み聞かせDVD(ベジタマ紙芝居を使って学生たちが読み聞かせする動画)を、平塚市図書館に寄贈することになり、市長への報告を兼ねて実施されました。

2年越しの取り組みということで、出席者はベジタマ紙芝居の原画を作成した4年次生の安藤梨佐さんと、DVDの撮影編集にかかわった信田梨乃世さん、読み聞かせのナレーションを担当した久保田珠水さんの3年次生の2名で、授業で指導した池村教授も立ち合いました。

報告後には落合市長から感謝の言葉をいただき、その後、読み聞かせ動画を出席者全員で視聴して、市長や同席した報道陣からの質問を受けるかたちで、学生たちが紙芝居やDVDの製作で苦労したことや印象に残ったことを語りました。またプログラム終了後には、各報道陣の個別取材や写真撮影に応えていました。 今回の取り組みは、一昨年に学生たちが平塚市内の幼稚園・保育園を訪問してベジタマ紙芝居の読み聞かせをするワークショップを行ったことがきっかけで、今年度の同様の計画が新型コロナウィルス感染対策により中止されたこともあり、紙芝居のセットを製作して読み聞かせ動画も作成し、コロナ禍でも園児たちに地産地消に対して関心をもってもらいたいとの思いで進められました。