DESIGNART TOKYO 2020の出展に学生が協力しました

デザイン学課程3年次生の佐藤美咲さんと大里有未さんが情報を提供した作品が、10月23日から一般公開されたDESIGNART TOKYO 2020(http://designart.jp/designarttokyo2020/)でお披露目されました。

作品は【KARAKURI powered by EPL inc.】による映像体験型展示”Projection BOOK”で、過去・現在・未来をテーマにした3つの旅をプレゼンテーションする3冊の本。それぞれの本をめくるとデジタルとアナログが融合した映像体験が味わえます。

学生たちが協力した作品テーマは「過去」。お祖父さんの趣味である写真をモチーフとしたストーリーや、お父さんが集めた宝物をテーマとしたコラージュが楽しめる”Projection BOOK”です。会期は11月3日まで、会場は渋谷駅前の東急プラザ6階です。