3年次生のデザインが秦野高校山岳部のTシャツに採用されました

デザイン学課程3年次生の有賀陽奈(ありがひな)さんのデザインが、神奈川県立秦野高等学校の山岳部のTシャツに採用されました。

発端は春学期に行った秦野市文化スポーツ部スポーツ推進課から依頼された「はだの丹沢クライミングパーク」のロゴデザイン提案で、池村ゼミの学生15名がそれぞれ提案したデザインを山岳部顧問の藤田崇史先生がご覧になり、有賀さんのデザインをぜひ山岳部のロゴマークに使わせてほしいと秦野市経由で相談されたとのきっかけです。相談後に有賀さん本人に承諾してもらい使用が決定しました。

デザインは丹沢山脈をブルーやグリーンで幾何学的に表現したスマートな表情で、鹿のシルエットが隠れるロゴマーク。使用にあたり有賀さんは高校名と部活名を含めデザインし直し、デザインを受け取った藤田先生はすぐにロゴマーク入りのTシャツを制作してくれました。

10月19日、藤田先生自ら授業に参加し、完成したTシャツと山岳部員8名の寄せ書きを有賀さん本人に直接手渡していただきました。