JA湘南でてこいまつりで学生たちがベジ太ブースをサポートしました

毎年恒例のJA湘南でてこいまつり。今年は11月10、11日の週末にかけて開催されましたが、今年度もデザイン学課程の学生5名が、平塚市農水産課の「ベジ太ブース」をサポートしながら盛り上げました。

各日、学生たちはブースオリジナルの“野菜クイズ”のオペレーションを担当。1日に必要な野菜の分量を重さで測るクイズや、きょうり・なす・トマトそれぞれの種と花と実をパズルに並べるクイズを参加者に行ってもらい、ベジ太特製のプレゼントを配りました。

参加者は小さなお子さんからご家族の方、またお年寄りに方々まで様々でしたが、学生たちは参加者に気軽に声をかけながら運営をサポートしていました。

またメインステージでは6年ぶりに「ベジ太の歌」のオンステージがあり、作詞作曲を担当したロックシンガーのミック入来さんがベジ太と一緒にパワフルな歌と踊りを披露していました。

着ぐるみベジ太をはじめて着た留学生は「また着たいです、楽しかった!」と感想を話してくれました。