デザイン学課程の尼子先生がデザインしたモニュメントが湘南平に設置されました

3月14日、平塚市の湘南平にカップルの愛の鍵を取り付けるモニュメント「ainowa」<副題:えん(円、縁)結びのベンチ>が登場。モニュメントのデザイン・設計は、教養学部芸術学科デザイン学課程の尼子靖先生。

湘南平は夜景がきれいなデートスポットとして知られ、1980年代から若者らが愛の誓いとして南京錠をフェンスなどに取り付けていますが、電波障害が生じる恐れがあり、管理者のテレビ神奈川は年1回、南京錠を撤去していました。平塚市はマナーを守りながら愛を深めてもらおうと今回のモニュメントを設置。

尼子先生は、平塚市のスローガンである「手をつなぎたくなる街湘南ひらつか」をメーンコンセプトとし、「人と人の輪」「絆」をテーマに設定。「相模湾」や「波のチューブ」、葛飾北斎の「富嶽三十六景―神奈川沖波裏」などをイメージし、風景に馴染むようにステンレスの磨きパイプでリング状のモニュメントをデザインしました。高さは約2mで、幅約2.3m、中央に幅約1.8mのベンチが設けられており、側面には南京錠をかけられるスペースがあります。

このモニュメント計画は、4~5年前にデザイン学課程および国際学科の学生たちがSOHUMプログラムで計画した「恋の実プロジェクト」が原点にあり、その際のプランが今回のプロジェクトにつながったようです。

 

作 品 名:ainowa

設置主体:平塚市

企  画:読売広告社+環境計画研究所

デザイン:尼子靖

写真提供:平塚市