ベジタマもなかプロジェクト “もなか種”の焼きあがりを見学しました!

デザイン学課程の池村ゼミナールで進めている『ベジタマもなかプロジェクト』(2016年度To-Collaboプログラム「大学推進プロジェクト」ブランド創造事業)で、12月6日、かかわった8名の学生たちが平塚市内で“もなか種”を製造する種清商店を訪れ、オリジナルに開発したベジ太とひらつかタマ三郎の“もなか種”の焼きあがりを見学しました。

この『ベジタマもなかプロジェクト』は、平塚市の農産物と水産品の地産地消の普及キャラクターを使った新しいもなかの開発をめざすもので、市内の飲食関係者の協力を得て和菓子やスイーツ、バーガーなど、地産地消を促進する様々な平塚のオリジナル商品の創造を目標としています。

様々な商品の共通材料となる“もなか種”は、デザイン学課程の学生が考案し、芸術学科の技術職員がサポートして原型制作を行い、国内に2ヶ所しかないといわれる名古屋の酒井製作所において“もなか種”の金型を製作しました。そして今回の見学会は、その金型を使い平塚米で製作した“もなか種”を確認する機会であり、平塚市内で唯一“もなか種”を製造する種清商店において実施されました。

学生たちは自らがかかわったデザインがかたちになったこともあり感激していましたが、一方では、“もなか種”の製造がどのように行われているのかなど、現場の状況が確認できたことにも納得していたようです。

今後は3月初旬に平塚市民プラザで様々な商品の試作品を展示する展覧会を予定しており、学生たちはその展覧会の計画にも参加していきます。