今年も開催しました! 「おひろめ芸術祭」in東海大学グローカルフェスタ2016

12月3日、「東海大学グローカルフェスタ2016」と称した湘南キャンパスの地域連携デーに合わせ、今年も芸術学科の「おひろめ芸術祭」を開催しました。

当日は晴天にも恵まれ、また暖かな日差しが降りそそぐ中、教職員・学生が様々なプログラムを準備し、湘南キャンパス周辺の世代を超えた方々をお迎えして笑顔あふれる1日となりました。

「おひろめ芸術祭」で用意したのは12プログラム。デザイン学課程からは「ひらつかタマ三郎ストリートライブ」「みんなで描くチョークアート」「しあわせの暮らしデザイン展」「わたしたちの秘密基地」「紙飛行機に絵を描いて飛ばそう!」「スタジオで写真撮影会」の6プログラムでした。

湘南校舎10号館と13号館を中心に行われた各プログラムには、開場11時から小さなお子さんの姿が見受けられ、午後から徐々ににぎわいをみせて来場者の方々がそれぞれに楽しんでいる様子が印象的でした。特に「みんなで描くチョークアート」はたくさんの子どもたちがクイズに合わせて床に絵を描き、13号館3階のデッキ上からみると巨大なサンタクロースの顔になるアートペインティングで、かかわった学生たちも達成感を感じていたようです。

その他、音楽学課程の「うたごえ広場」や美術学課程の「羊を描こう!」など、小さなお子さんたちが楽しめるプログラムも多く、地域にお住まいの方々が大学に親しむ日となったようです。