学生たちが平塚市長に「湘南平の魅力アップ施策」を提言しました

1月16日平塚市新庁舎で、2017年度の秋学期に進めていたプロジェクト「市長と語ろう! ほっとミーティング」の最終プログラムを実施しました。 最終プログラムの課題は「平塚市の来街人口の増加を目的とした湘南平の魅力アップ」の提言であり、教養学部の共通科目である人間学2(湘南地域ブランド創造プロジェクト)とチャレンジセンター開講科目であるプ […]

早稲田大学で若手研究者向けの視覚化ワークショップを開催しました

017年11月20日と12月21日に早稲田大学 理工学術院総合研究所の若手研究者育成・支援を目的 とする事業であるアーリーバードプログラムにて、教員の富田とゼミの学生たちが研究内容の視覚化のワークショップを実施してきました。 高まる科学技術コミュニケーションの要求に応えるため、研究者自身が視覚化の技術を身につけた上で、研究者同士の連携や […]

株式会社 本田技術研究所の会社説明会を開催しました

2017年12月12日に株式会社 本田技術研究所の会社説明会を開催しました。本学の教養学部の卒業生でもある樋口様は、現在、四輪R&Dセンター デザイン室TDスタジオにてデザインの業務をされており、デザインのお仕事について丁寧にご説明いただきました。ありがとうございました。

「ベジタマもなか・レシピコンテスト」最終審査会を行いました

デザイン学課程の池村ゼミで企画した「ベジタマもなか・レシピコンテスト」が、12月17日に神奈川県立花と緑のふれあいセンター「花菜ガーデン」のキッチン工房で開催され、ゼミ生9名と教員が参加しました。 コンテストは書類審査を通過した5組で競われ、関係者9名と学生参加による試食審査の結果、『白い湘南平 ~野菜のモンブラン~ チーム:patri […]

シャープ株式会社のデザイン開発センター統轄部長でデザイン学課程の卒業生もある宮田 正志さんに企業説明会をしていただきました

12月11日にシャープ株式会社のデザイン開発センター統轄部長でデザイン学課程の卒業生もある宮田 正志さんに企業説明会をしていただきました。説明会では、シャープのデザインプロセスや、AI、IOTを活用したデザインの最前線についてお聞きすることができたほか、ディスカッション時間には、ユーザニーズの捉え方、デザインアイディアの共有方法、デザイ […]

徳間貴志氏によるインフォグラフィックデザインの特別講義

12月8日デザイン学課程と数学科の学生がコラボレーションし、統計データを視覚化する授業で、デザイナーでBowlgraphicsの徳間貴志さんをお招きした特別講義がありました。当日は経済産業省初のインフォグラフィックデザイナーであり、Bowlgraphicsのデザイナーでもある川原 康子さんも来ていただきました。 行政、美術館、教科書、広 […]

株式会社ロフトワークの会社見学及び学生のポートフォリオ発表会

11月30日に株式会社ロフトワークの会社見学及び学生のポートフォリオ発表会を実施しました。説明会では去年の卒業生も参加していただき、仕事の内容などを説明していただいたほか、イノベーティブなオフィススペースを見学させていただきました。また、学生達からは、今まで取り組んだことを冊子にまとめたポートフォリオを発表しました。これから何名かの学生 […]

ソーシャルイノベーションフォーラム分科会におけるワークショップデザインの支援&グラフィックレコーディング

11月18日 (土) に開催された日本財団主催のソーシャルイノベーションフォーラム分科会「ひらく公園 パブリックエリアマネジメントでできること」において、デザイン学課程の学生がワークショップデザインの支援やグラフィックレコーディングを行いました。 Tokyo βの江口晋太郎さんを司会として、『ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる』 […]

ラスカ平塚で「ベジタマもなかフェア」を開催しました

11月17日から19日の週末にかけて、平塚駅に隣接する商業施設ラスカ平塚1階の星の広場で「ベジタマもなかフェア」を開催しました。このフェアはラスカと平塚市内に所在する大学のコラボ商品販売会の一環として開催されたもので、神奈川大学や文教大学とラスカに出店するテナントが共同開発した商品と、東海大学が進めるベジタマもなかプロジェクトにおいてす […]

広告会社のプランナーをお招きして公開講座を開催しました

11月14日、5限の時間を利用して、株式会社読売広告社の総合ソリューション部プランナーの中村賢昭さんによる『地域創生とシティプロモーション』と題した公開講座を開催しました。 この講座は、平塚市市民情報・相談課と東海大学地域連携センターが共同で進める“市長と語ろう! ほっとミーティング”の3回目のプログラムとして実施したもので、教養学部S […]

ロフトワーク主催のイベントで学生が参加したチームの作品が優秀賞を受賞しました

ロフトワークが主催する、ものに新しい価値を与えるハッカソンにデザイン学課程3年の、櫻井 涼葉、土田 菜摘、渡邊 光一が参加しました。 このハッカソンは、当日に編成されたチームで一つのアイディアを出し、二日間で作品を作ります。そして、デザイナーをお呼びした、全体講評で3分間のプレゼンテーションを行います。 土田、櫻井は、社会人の方とチーム […]

デザイン学課程の学生がデザイン支援した防災アプリ「さいれぽ」が国土地理院の防災アプリ公募事業で受賞しました

情報理工学部情報科学科の内田理教授と教養学部芸術学科デザイン学課程の富田誠講師の研究室による「東海大学さいれぽ・まちれぽ製作委員会」が開発した防災アプリ「さいれぽ」が9月21日に、国土地理院防災アプリケーション事務局の実施する防災アプリの公募事業で防災アプリ賞を受賞しました。この事業は国土地理院と水管理・国土保全局が防災意識の向上をはじ […]

学生たちがベジタマもなかレシピコンテストの審査に参加しました

2017年度To-Collaboプログラム大学推進プロジェクトの「地域デザイン計画 ブランド創造事業」として実施している平塚市『ベジタマもなかレシピコンテスト』の1次審査に、デザイン学課程の学生たちが参加しました。 このレシピコンテストは、昨年度から立ち上げた平塚市の地産地消のPRキャラクターである“ベジ太”と“ひらつかタマ三郎”が刻印 […]

“市長と語ろう!”学生たちと平塚市長が地域の課題について対話しました

10月17日、教養学部の共通授業「人間学2(湘南地域ブランド創造プロジェクト)」で、平塚市の落合克宏市長が本学を訪れ学生たちと対話しました。 この取組みは昨年度も開催した平塚市の市民情報・相談課を窓口とする「市長と語ろう! ほっとミーティング」の一環で、今年度は教養学部の同授業の一つのプログラムとして実施しています。また本取組みでは現代 […]

大学院生の留学生がラスカ平塚で展覧会を開催しました

10月3日より、ラスカ平塚の産学連携ギャラリー『TOKAI UNIVERSITY × HIRATSUKA LUSCA ART GALLERY』において第8回展がスタートしました。 今回のテーマは【タイの留学生が見たひらつか】。 東海大学の大学院、芸術学研究科でデザインを学ぶ、ペグサム・チョーティガー、ぺンソム・ビヤ、ヤイサムセーン・ティ […]

第50回記念伊勢原道灌まつりのポスターを学生がデザイン

2017年10月14日、15日に開催する第50回記念伊勢原道灌まつりのポスターを、芸術学科デザイン学課程3年生の小谷美歩さんがデザインし、伊勢原市商工観光課の職員の方から刷り上がったばかりのB1判とB3判ポスターが手渡されました。 デザインした小谷さんは伊勢原市在住で、生まれた時から伊勢原市で暮らす学生です。伊勢原市ゆかりの記念すべき5 […]

6年目を迎えた おだわら“コワかわお化け提灯”プロジェクト

小田原駅前の銀座商店街周辺で、今年もおだわら“コワかわお化け提灯”イベントが開催されました(7月22日~8月7日開催)。 商店街を巡る“スタンプラリー&クイズ”に出展された“コワかわお化け提灯”はのべ34体。すべての“コワかわお化け提灯”は、2012年度からスタートしたこのプロジェクトを通じて、これまでにデザイン学課程の学生たちが制作し […]

学生たちが視覚化ワークショップを行いました

7月4日と7月11日の2日間、東海大学内のマイクロナノ研究開発センターにおいて、富田ゼミの学生が視覚化ワークショップを開催しました。 このワークショップは1.研究者の方々が自身の研究内容を視覚化する。2.繋ぎ合わせ、組織全体の研究の取り組みを視覚化するという2つの目的を元に開催されました。 富田ゼミの学生は、理系研究者がワークショップと […]

留学生たちが「湘南ひらつか七福神めぐり」ツアーを行いました

7月15日、大学院の芸術学研究科造型芸術専攻などに在籍するタイの留学生5名が、平塚市内に点在する7つの神社仏閣を巡り、「湘南ひらつか七福神めぐり」ツアーを行いました。この「湘南ひらつか七福神めぐり」は2011年に平塚市観光協会が発足させた観光スポットで、街歩きしながら町並みや史跡を楽しむコースとして設定されています。 今回のツアーの目的 […]