早稲田大学で若手研究者向けの視覚化ワークショップを開催しました

017年11月20日と12月21日に早稲田大学 理工学術院総合研究所の若手研究者育成・支援を目的 とする事業であるアーリーバードプログラムにて、教員の富田とゼミの学生たちが研究内容の視覚化のワークショップを実施してきました。 高まる科学技術コミュニケーションの要求に応えるため、研究者自身が視覚化の技術を身につけた上で、研究者同士の連携や […]

株式会社 本田技術研究所の会社説明会を開催しました

2017年12月12日に株式会社 本田技術研究所の会社説明会を開催しました。本学の教養学部の卒業生でもある樋口様は、現在、四輪R&Dセンター デザイン室TDスタジオにてデザインの業務をされており、デザインのお仕事について丁寧にご説明いただきました。ありがとうございました。

シャープ株式会社のデザイン開発センター統轄部長でデザイン学課程の卒業生もある宮田 正志さんに企業説明会をしていただきました

12月11日にシャープ株式会社のデザイン開発センター統轄部長でデザイン学課程の卒業生もある宮田 正志さんに企業説明会をしていただきました。説明会では、シャープのデザインプロセスや、AI、IOTを活用したデザインの最前線についてお聞きすることができたほか、ディスカッション時間には、ユーザニーズの捉え方、デザインアイディアの共有方法、デザイ […]

徳間貴志氏によるインフォグラフィックデザインの特別講義

12月8日デザイン学課程と数学科の学生がコラボレーションし、統計データを視覚化する授業で、デザイナーでBowlgraphicsの徳間貴志さんをお招きした特別講義がありました。当日は経済産業省初のインフォグラフィックデザイナーであり、Bowlgraphicsのデザイナーでもある川原 康子さんも来ていただきました。 行政、美術館、教科書、広 […]

株式会社ロフトワークの会社見学及び学生のポートフォリオ発表会

11月30日に株式会社ロフトワークの会社見学及び学生のポートフォリオ発表会を実施しました。説明会では去年の卒業生も参加していただき、仕事の内容などを説明していただいたほか、イノベーティブなオフィススペースを見学させていただきました。また、学生達からは、今まで取り組んだことを冊子にまとめたポートフォリオを発表しました。これから何名かの学生 […]

ソーシャルイノベーションフォーラム分科会におけるワークショップデザインの支援&グラフィックレコーディング

11月18日 (土) に開催された日本財団主催のソーシャルイノベーションフォーラム分科会「ひらく公園 パブリックエリアマネジメントでできること」において、デザイン学課程の学生がワークショップデザインの支援やグラフィックレコーディングを行いました。 Tokyo βの江口晋太郎さんを司会として、『ポートランド 世界で一番住みたい街をつくる』 […]

ロフトワーク主催のイベントで学生が参加したチームの作品が優秀賞を受賞しました

ロフトワークが主催する、ものに新しい価値を与えるハッカソンにデザイン学課程3年の、櫻井 涼葉、土田 菜摘、渡邊 光一が参加しました。 このハッカソンは、当日に編成されたチームで一つのアイディアを出し、二日間で作品を作ります。そして、デザイナーをお呼びした、全体講評で3分間のプレゼンテーションを行います。 土田、櫻井は、社会人の方とチーム […]

デザイン学課程の学生がデザイン支援した防災アプリ「さいれぽ」が国土地理院の防災アプリ公募事業で受賞しました

情報理工学部情報科学科の内田理教授と教養学部芸術学科デザイン学課程の富田誠講師の研究室による「東海大学さいれぽ・まちれぽ製作委員会」が開発した防災アプリ「さいれぽ」が9月21日に、国土地理院防災アプリケーション事務局の実施する防災アプリの公募事業で防災アプリ賞を受賞しました。この事業は国土地理院と水管理・国土保全局が防災意識の向上をはじ […]

グラフィックデザイン実習 最終講評会2017

グラフィックデザインコースの2,3,4年生学生による春学期最終講評会が開催されました。2年生はイラストレーションを中心にした授業課題の作品を中心として、3年生は、広告やポスター表現を中心としたグループと、視覚表現を中心としたデザイン実験を行うグループごとの作品、4年生は卒業研究のための制作を意識した発表を行いました。 デザイン実験という […]

1年生のデザインの授業の発表会がありました

1年生春学期の授業、コンピューターデザイン基礎の最終発表会がありました。最終課題はデザイン図鑑。身の回りにありながらも見過ごしてしまいそうな様々な形を図鑑としてまとめる課題です。カップラーメン、アンダーウェア、手書きの絵、納豆など様々な図鑑ができあがりました。 この授業はイラストレータなどのアプリケーションの使い方や大型出力機の基本的な […]

学生たちが視覚化ワークショップを行いました

7月4日と7月11日の2日間、東海大学内のマイクロナノ研究開発センターにおいて、富田ゼミの学生が視覚化ワークショップを開催しました。 このワークショップは1.研究者の方々が自身の研究内容を視覚化する。2.繋ぎ合わせ、組織全体の研究の取り組みを視覚化するという2つの目的を元に開催されました。 富田ゼミの学生は、理系研究者がワークショップと […]

「ぺんてるが作りだすアイディアを描くための道具たち」を開催しました

ぺんてる株式会社で商品開発に携わる方々をお招きしたワークショップ及びトークセッションを開催しました。 ワークショップでは学生との図解ワークショップを実施、トークセッションでは ペンを中心とした様々な道具作りについてお話していただきました。 最後は商品のタッチ&トライの時間も。ありがとうございました。

ポートフォリオ(作品集)を作成する集中講義が終わりました

2015年のポートフォリオ(作品集)を作成する集中講義が終わりました。今年は、先輩の体験談トーク、対話を通じて働くことを考えるWS、志望する職業ごとのグループ分け、作品撮影などを経て、ポートフォリオを作成しました。 最終発表日には、株式会社ロフトワークより斎藤様 浜田様にお越しいただき、企業の紹介および学生発表の講評をしていただきました […]

内閣人事局で政策資料の図解ワークショップを開催しました

7月7日と14日に富田ゼミナールの教員と学生たちが、内閣官房 内閣人事局にて政策資料の図解に関するレクチャー&ワークショップ「ポンチ絵2.0」を開催しました。 行政機関では、政策資料を図解したポンチ絵がよく制作されています。このポンチ絵の効率的な制作と質の向上を目指し、ポンチ絵のデザインパターンを抽出し、行政機関で共有できるデザインテン […]

OEPN CAMPUS 2016.6

2016年6月19日(日)オープンキャンパスがありました。デザイン学課程では、各コースの学生作品の紹介に加えて、3Dスキャナやフリーフォームを使った3Dデータのレタッチなどを体験していただきました。参加していただいた皆様、誠にありがとうございました。 次回は7月24日、8月11日に開催されます。詳しくは以下の大学公式ページをご覧ください […]

政策の視覚化ワークショップを開催しました

内閣官房 日本経済再生事務局と富田ゼミナールの学生が共同してワークショップを開催しました。このワークショップは昨年から継続している政策の視覚化プロジェクトの一環で実施しました。 行政の現場では、政策のコミュニケーションを目的としたポンチ絵などと呼ばれる1枚のスライド資料や図が制作されることがありますが、その手法は標準化されておらず、制作 […]