投稿者: 芸術学科 デザイン学課程

ラスカ平塚の産学連携アートギャラリーで「あかり」展がスタート

ラスカ平塚の産学連携アートギャラリーで「あかり」展がスタート

半年に1回の頻度で継続的に開催してきたラスカ平塚の産学連携アートギャラリー『TOKAI U […]

2020年度「病院ボランティアプロジェクト」の絵本が完成しました

2020年度「病院ボランティアプロジェクト」の絵本が完成しました

毎年、東海大学チャレンジセンターのチャレンジプロジェクトとして活動している「病院ボランティ […]

学生たちが製作した「ベジタマ紙芝居」と読み聞かせDVDが平塚市に寄贈されました

学生たちが製作した「ベジタマ紙芝居」と読み聞かせDVDが平塚市に寄贈されました

2月18日、平塚市役所第一応接室で、デザイン学課程の学生から平塚市の落合市長に、ベジタマ紙芝居6セットとDVD40枚が寄贈されました。

この取り組みは平塚市農水産課が窓口となったもので、一昨年に平塚市民・大学交流事業の一環としてデザイン学課程の学生たちが製作した「ベジタマ紙芝居」(平塚市の地産地消キャラクターであるベジ太とひらつかタマ三郎が登場する幼児向けの食育をテーマとした紙芝居)と、今年度に制作した読み聞かせDVD(ベジタマ紙芝居を使って学生たちが読み聞かせする動画)を、平塚市図書館に寄贈することになり、市長への報告を兼ねて実施されました。

2年越しの取り組みということで、出席者はベジタマ紙芝居の原画を作成した4年次生の安藤梨佐さんと、DVDの撮影編集にかかわった信田梨乃世さん、読み聞かせのナレーションを担当した久保田珠水さんの3年次生の2名で、授業で指導した池村教授も立ち合いました。

報告後には落合市長から感謝の言葉をいただき、その後、読み聞かせ動画を出席者全員で視聴して、市長や同席した報道陣からの質問を受けるかたちで、学生たちが紙芝居やDVDの製作で苦労したことや印象に残ったことを語りました。またプログラム終了後には、各報道陣の個別取材や写真撮影に応えていました。 今回の取り組みは、一昨年に学生たちが平塚市内の幼稚園・保育園を訪問してベジタマ紙芝居の読み聞かせをするワークショップを行ったことがきっかけで、今年度の同様の計画が新型コロナウィルス感染対策により中止されたこともあり、紙芝居のセットを製作して読み聞かせ動画も作成し、コロナ禍でも園児たちに地産地消に対して関心をもってもらいたいとの思いで進められました。

「鹿肉レトルトカレー」のパッケージを学生がデザインしました

「鹿肉レトルトカレー」のパッケージを学生がデザインしました

伊勢原市の獣害対策の一環で捕獲され処理加工された伊勢原産100%の鹿肉を使用した「レトルト […]

平塚市をイメージした大漁旗をデザイン学課程の学生がデザインしました

平塚市をイメージした大漁旗をデザイン学課程の学生がデザインしました

科学自然都市協創連合の「日本各地を繋ぐ大漁旗プロジェクト」に参加する平塚市をイメージした大 […]

はだの丹沢クライミングパークのロゴマークとマスコットを学生がデザイン

はだの丹沢クライミングパークのロゴマークとマスコットを学生がデザイン

今年6月に開設した秦野市の施設「はだの丹沢クライミングパーク」のロゴマークとマスコットのデザインに、デザイン学課程3年次生の信田梨乃世さんと鈴木舜花さんの案が採用され、10月19日の秦野市の定例記者会見で発表されました。

また10月26日の授業「デザイン連携プロジェクト」に秦野市スポーツ推進課の職員の方にご訪問いただき、学生たちにデザイン提案の御礼を兼ねてクリアファイルとタオルなどの関連オリジナルグッズが配られました。

採用されたロゴマークは、クライミングの壁に据えられているホールドと丹沢の山々を重ね合わせ、青・赤・黄の3色でカラフルに仕上げたデザインで、信田さんは「施設は子どもも多く利用すると聞いていたので、かわいらしいイメージになるよう意識しました」とのこと。またマスコットは、秦野市に生息するシカをモチーフに、背中にカラフルなホールド模様が表現されたポップなデザイン。鈴木さんは、「老若男女問わず、誰からも好かれるマスコットになることを願っています」とコメントしています。

3年次生のデザインが秦野高校山岳部のTシャツに採用されました

3年次生のデザインが秦野高校山岳部のTシャツに採用されました

デザイン学課程3年次生の有賀陽奈(ありがひな)さんのデザインが、神奈川県立秦野高等学校の山 […]

ラスカ平塚の産学連携ギャラリーで第14回目の展覧会がスタートしました

ラスカ平塚の産学連携ギャラリーで第14回目の展覧会がスタートしました

10月6日、平塚駅に隣接する商業施設ラスカ平塚の産学連携ギャラリー(TOKAI UNIVE […]

2020年度春学期学位記等授与が行われました

2020年度春学期学位記等授与が行われました

秋の気配が忍び寄り少し肌寒くなった9月25日、湘南校舎1号館の各教室にて学部・研究科ごとに2020年度春学期学位記等授与が行われました。デザイン学課程および芸術学研究科造型芸術専攻からはタイ・中国からの留学生3名にそれぞれ学位記が渡されました。

コロナ禍の状況で秋学期の始業ガイダンスもオンラインになる中、2号館ホールで実施されてきた学位記授与式もなくなりましたが、卒業生や修了生には教室で対面し学部長および研究科長から個別に学位記が手渡されました。また当日、遠方や国外に居て参加できなかった学生にはリモートシステムを使い、画面上で対面しながら学位記が読まれました。

この時期の学位記等授与は対象学生も少ない分、出席いただいた先生方一人ひとりからご挨拶いただけることもあり、アットホームな雰囲気の中で行われてきましたが、今回は国外にいる学生ともオンラインでつながり、より身近に感じられた卒業式・修了式であったようです。

オンライン授業でも学生たちは積極的に地域連携活動を推進しています

オンライン授業でも学生たちは積極的に地域連携活動を推進しています

7月7日、デザイン学課程のゼミナールに代わる新たな科目「デザイン連携プロジェクト(地域デザ […]