日本フェレロのパッケージデザインコンテストでデザイン学課程の学生チームがグランプリを受賞しました

日本フェレロのパッケージデザインコンテストでデザイン学課程の学生チームがグランプリを受賞しました

デザイン学課程の学生有志が「日本フェレロ パッケージデザインコンテスト」に応募し、4年次生の森田里奈さん、佐藤花菜子さん、秋山碧さんのチームがグランプリを受賞しました。

3名は富田先生とともに、12月4日に東京・イタリア大使館で開催された授与式に出席し、フェレロアジア太平洋(FAP)フェレロ日本・韓国担当責任者のマッシモ・ダンブロージオ氏より、賞状とトロフィーが授与されました。また同コンテストには本課程から応募した2、3年次生による2チームも準優勝として入賞しており、当日の授与式には3年次生3名も一緒に参加しました。

グランプリを受賞したパッケージデザインのテーマは「Golden X’mas」。学生たちによると、夜空でソリをひくサンタクロースと和柄の模様を組み合わせ、「日本とイタリアの架け橋になるように」と思いを込めたとのこと。リーダーの森田さんは、「評価していただけたことをとてもうれしく思います。これまで支えてくれた先生方や、このような機会を設けてくださったフェレロの方々に感謝しています」とコメントしていました。

受賞者は以下のとおりです。

◆グランプリ 「Golden X’mas」 森田里奈さん、佐藤花菜子さん、秋山碧さん

◆準優勝 「New Year」「Valentine’s day」 高橋里奈さん(3年次生)、大辻雄也さん(同) 「Celebration of Tokyo」 海宝奈央さん(3年次生)、岡村友芽さん(同)、鶴岡亮久さん(2年次生)