伊勢原市制施行50周年の市民ワークショップを学生たちが盛り上げました

伊勢原市制施行50周年の市民ワークショップを学生たちが盛り上げました

令和3年3月に市制施行50周年を迎える伊勢原市が、6月29日、伊勢原市中央公民館において50周年記念事業の一環とした市民ワークショップを開催し、市民および市内の団体関係者とともに、芸術学科デザイン学課程の池村ゼミを履修する3年生5名が、産業能率大学の学生と参加しました。

このワークショップは50周年記念事業のスタートアップとなる事業で、学生を含めた総勢22名の参加者に、50周年をアピールするキャッチフレーズと記念事業を提案してもらうことを目的としています。当日は企画部経営企画課の職員のオリエンテーションに従い、世代や立場を超えた参加者が4グループに分かれ、3時間をかけて自己紹介・個別検討・情報共有・グループ発表などの一連のプログラムをこなしました。キャッチフレーズの検討では「先人の業績」「故郷への誇り愛着」「次世代継承」「飛躍」といった4テーマごとにグループ内で検討し、記念事業の検討では「市と市民の協力」「世代を超えた市民参加」をポイントに、ユニークなアイデアを自由に提案してもらいました。

参加した学生たちは皆、ワークショップ形式の話し合いなどは初めてで緊張していたようでしたが、グループの一員として参加いただいた市役所職員のファシリテーションのおかげで後半に向けては活発な意見も飛び出し、発表資料の作成においてもデザイン力を発揮して活躍していました。参加した学生は「当初は戸惑いましたが、結果、楽しく話し合うことができ、良い経験になりました」と話していました。

今回のワークショップへの参加は、今後、市民投票で決まるキャッチフレーズを活かしたロゴデザインの考案に向けた流れであり、秋頃にはあらためて学生たちにロゴデザインの提案が依頼される予定です。