人間学1の最終授業で今年度に取り組んだ「湘南地域ブランド創造PJ」を発表しました

人間学1の最終授業で今年度に取り組んだ「湘南地域ブランド創造PJ」を発表しました

1月16日に開講された教養学部SOHUMプログラム(湘南地域ブランド創造PJ)の「人間学1」の最終授業で、今年度に取り組んだ湘南地域ブランド創造PJのプロジェクトを、「人間学2」を履修した学生20名が発表しました。

発表内容は全10プロジェクトで、それぞれ担当した学生たちがグループになり映写資料を使って、後輩にあたる学部生42名に説明しました。

◆発表プロジェクト

1)小田原銀座商店街で行った「こわカワ提灯プロジェクト」

2)平塚市の2つのイベントでサポートした「ベジ太プロジェクト」

3)東海大学グローカルフェスタで取り組んだ「ベジ太の地上絵プロジェクト」

4)ラスカ平塚の産学連携ギャラリーの「作品展」

5)ラスカ平塚の「ラスカ七夕イベント&ワークショップ」

6)平塚市のNPO湘南いきもの楽校の「ロゴマーク提案」

7)平塚市成人式の式典ステージを彩った「横断幕プロジェクト」

8)平塚市漁業協同組合のひらつかタマ三郎の「メンテナンスプロジェクト」

9)ベジタマもなかの販売を支援する「ベジタマもなかパンフレットづくり」

10)NPO湘南スタイルの取組みを支援する「みかんの木オーナーシップサポート」