9回目を迎えたラスカ平塚ギャラリーの展覧会を開催しました

9回目を迎えたラスカ平塚ギャラリーの展覧会を開催しました

4月4日、ラスカ平塚の『TOKAI UNIVERSITY × HIRATSUKA LUSCA ART GALLERY』で、芸術学科デザイン学課程に在籍する新4年生10名による作品展がスタートしました。

このギャラリーは、東海大学教養学部芸術学科の池村研究室とラスカ平塚を運営する湘南ステーションビル株式会社が共同で開設した産学連携アートギャラリーで、今回の展覧会で9回目を迎えました。

第9回の展覧会のタイトルは『平塚薔薇図鑑』。イラストレーションを描くことが好きな池村ゼミの学生10名が、平塚にゆかりのある薔薇をモチーフに思い思いの視点でイラストレーション作品を制作しました。薔薇の髪の毛をもつ女性ポートレートや薔薇からイメージした少女キャラクター、また薔薇の世界に迷い込む幻想的なイラストなど、10名それぞれの個性が光る作品18点が飾られています。

展示期間は9月末までの6ヶ月間。ラスカ平塚にご来場の際はぜひご覧ください。