10月25日、オープンセミナー(戦争体験)を開催

私たちは、いのちの大切さ、平和の尊さ、自由の意味について考えてみたいと思います。

大竹海兵団出身、横須賀水雷学校で学んだ西崎信夫氏は、16歳で駆逐艦「雪風」に水雷科員として乗り込み、マリアナ沖海戦、レイテ沖海戦、空母「信濃」護送、戦艦「大和」海上特攻の護衛に参加しました。終戦後は、海外に残された日本兵の復員輸送に従事され、「雪風」を中国に引き渡しました。

激烈な戦争を生き残った西崎信夫氏を講師にお招きして、 当時の教育、戦争体験をお伺いするとともに、今の大学生、日本、世界について語っていただきます。
質疑応答の時間も設ける予定です。

日時:2013年10月25日(金曜)、13:25開始、14:55終了
場所:東海大学湘南校舎 10号館10-209室

この講演会は、社会環境課程のオープンセミナーとして開催しますが、平和祈念展示資料館の協力を得ています。
Sohum北東アジア環境共生プロジェクト履修者をはじめとする関心のある学生・教職員・市民の皆さんの参加を歓迎いたします。

(記録者 鳥飼行博)