学生たちが平塚市長に「湘南平の魅力アップ施策」を提言しました

学生たちが平塚市長に「湘南平の魅力アップ施策」を提言しました

1月16日平塚市新庁舎で、2017年度の秋学期に進めていたプロジェクト「市長と語ろう! ほっとミーティング」の最終プログラムを実施しました。

最終プログラムの課題は「平塚市の来街人口の増加を目的とした湘南平の魅力アップ」の提言であり、教養学部の共通科目である人間学2(湘南地域ブランド創造プロジェクト)とチャレンジセンター開講科目であるプロジェクト実践Bをそれぞれ履修する学生たち20名が参加して、3グループに分かれ落合平塚市長の前でプレゼンテーションをおこないました。

1番手の教養学部国際学科7名のグループは、外国人観光客の来街を目標に、イチゴ狩りやだるまづくり体験、漁業イベントを題材とした“コト消費”を促す活性化計画を披露、2番手の芸術学科デザイン学課程10名のグループは、湘南平を“聖地”に見立てた「SHONAN HOLLYLAND計画」をコンセプトに、学生それぞれが考えた“○○の聖地、湘南平”を打ち立てる10種類のイベントを提案、そして3番手のプロジェクト実践Dの授業を履修する工学部や文学部の3名の学生グループは、「湘南平バラ園計画」のタイトルで、湘南平をバラ園と芝生のゾーンに改修するプランを元に、交通手段やイベント、情報発信の仕組みとアイデアを提案しました。

3グループの提言・提案については、市長をはじめ、参加いただいた市役所の関係部署の担当者にも真剣に聞いていただき、発表後は市役所の立場から様々な質問やコメントをいただくことができました。総括では市長から「楽しいアイデアも多く充実した提案であったと思います。今後は一つでも二つでも実現できるように進めていきたい」と感想をいただきました。

また発表の合間に、職員の付き添いで市長公室等を見学させていただき、市長室や議事室などめったに入れない部屋を案内いただき、記念写真を撮影させていただきました。発表した学生は「緊張しましたが、何とか提案内容を発表することができ、よい経験になりました」と話しており、学生は皆、緊張した様子も見受けられましたが、発表では堂々と話している様子が印象的で、学内では見られない社会人らしい一面をのぞかせてくれました。