平塚市内の小学校全28校の給食で「ベジタマもなか」が提供されました

平塚市内の小学校全28校の給食で「ベジタマもなか」が提供されました

5月18日、平塚市立崇善小学校の給食で「ベジタマもなか」が提供され、地元メディアが集まり取材の機会がありました。当日は「ベジタマもなか」のモチーフである、平塚産農産物PRキャラクターの「ベジ太」と平塚市の漁業PRキャラクター「ひらつかタマ三郎」も一緒に来校し、子どもたちと一緒に記念写真を撮るなど楽しみました。この給食会は、平塚市が継続的に計画している地産地消の食材を学校給食に活かす取組みの一環。5月11日から26日まで平塚市内の小学校全28校の給食で「ベジタマもなか」が提供される予定です。

「ベジタマもなか」の給食への提供は今回で2回目。3月に試験的に行われた1回目は、水ようかんともなかの組合せでしたが、今回は、みたらし団子のような餡をかけたじゃがいも餅ともなかの組合せでした。子どもたちは「サクっとしたもなかの中にもちもちしたじゃがいももちが入っていて、これまで食べたことのない食感」「じゃがいももちが甘辛く、みたらし団子のような味。あんこが入ったもなかは食べたことがありますが、これは新しくておいしい」と笑顔で話していました。

この取組みは、東海大学が進める地域連携活動(To-Collaboプログラム)の大学推進プロジェクト「地域デザイン計画 ブランド創造事業」により、デザイン学課程の学生たちも参加して進める「ベジタマもなかプロジェクト」の一環の活動であり、今年度は、①地産地消の食育につなげる学校給食プロジェクト、②商品化を促す市内イベント等での試作販売プロジェクト、③市民とともに地域ブランドを育てる市民参加プロジェクトの3つの取組みを計画しており、市民参加プロジェクトにおいては学生たちが主体となり「ベジタマもなかレシピコンテスト」を開催する予定です。