第17回外国語スピーチコンテストで国際学科の学生が優勝しました。

第17回外国語スピーチコンテストで国際学科の学生が優勝しました。

スピーチ212月1日に開催された第17回外国語スピーチコンテストに国際学科から3名の学生が参加し、2年生の長木ロベルト君(フランス語)が優勝し、東海大学学長賞を受賞しました。スピーチの内容は、自らの経験を踏まえた日本における移民の子どもの教育についてであり、国際学科の学生らしい興味深い問題提起でした。また、4年生の井上みのりさん(コリア語)は東海大学新聞賞を受賞し、3年生の辻幸佑君は国際教育センター国際言語教育部門主任賞を受賞しました。松前記念講堂の舞台の上で堂々とスピーチを披露したみなさんの健闘を讃えたいと思います。