2015年度卒業研究展を平塚市美術館にて開催しました

2015年度卒業研究展を平塚市美術館にて開催しました

毎年恒例となった芸術学科の卒業研究展「アート&デザイン展」が、1月27日から31日にかけて平塚市美術館にて行われました。会場となった同美術館の市民アートギャラリーには、デザイン学課程の卒業予定者29名の作品と、美術学課程の卒業予定者18名の作品が展示され、来場される市民および学生や保護者の皆さんに、4年間の集大成となる成果を見ていただきました。

デザイン学課程の作品は例年のごとく様々で、空間を間仕切る杉材パーツを利用したパーティションや、ストレスリセットにつながる8種類のグッズ提案、さらにLED照明を利用したウォールインスタレーションや、自然への警鐘をメッセージとしたカエルのフィギュアなど、来場者を楽しませる作品が並びました。

また会期中の土曜には、ミュージアムホールにて音楽学課程の学部生による特別コンサートが開催され、約100名ほどの来場者が見守る中、ピアノやフルート、アルトサックスによる演奏が行われ、芸術学科の魅力を披露していました。