To-Collaboプログラム「TOKAI芸術シニアアカデミー」報告展を開催しました

To-Collaboプログラム「TOKAI芸術シニアアカデミー」報告展を開催しました

12月8日から12日まで、東海大学地域交流センター・サテライトオフィスにて、2015年度To-Collaboプログラム大学推進プロジェクト「ライフプロデュース(大学開放事業)」の一環で開催された芸術学科の取組み「TOKAI芸術シニアアカデミー」の報告展を開催しました。

会場には、音楽・美術・デザイン講座で取り組んだ、湘南校舎周辺にお暮らしの50歳以上の方々の受講の様子や制作した作品がパネルや実物で展示され、のべ4回シリーズで開催した各講座の特色を披露しました。

特に美術講座の出品作品では「絵画から彫刻へ」と題された内容であったこともあり、学生をモデルに制作したスケッチと塑像作品の写真がセットで展示され、それぞれの受講生の力作を見ることができました。またデザイン講座は「デジタル写真の新たなプリント実験」の成果として、受講生ごとに撮影された写真データを元に、石や木材、金属やアクリル板などにデジタル機器であるレーザーカッターを利用して刻印した作品が並び、普段の印画紙上の表現とは異なる実験的な取組みを紹介いただきました。

出品された受講生の写真や作品からは、今回の講座を楽しんでいただいた一人ひとりの様子が伺え、講座を開催した教員や関係者にとってもよい機会となりました。