満場御礼!「TOKAIおひろめ芸術祭」が終了しました

満場御礼!「TOKAIおひろめ芸術祭」が終了しました

芸術学科の地域連携活動として企画した「TOKAIおひろめ芸術祭」(2015年度はTo-Collaboプログラム大学推進プロジェクトおよび平塚市・東海大学交流提携30周年記念事業として実施)が9月26日(土)に開催され、多数の方々にご来場いただき賑わいのある中、無事に終了することができました。総来場者数は666名。小さなお子さまがいらっしゃるご家族連れの方々を中心に、昨年を上回る来場者数を数え、地域市民の方々に芸術のもつ魅力をアピールすることができました。

今回のプログラムは全17種類であり、音楽・美術・デザインのコンテンツを活かして、お子さん方に楽しんでいただけるユニークな催しものが出揃いました。来場者の方々と一緒に歌う広場、大学院生の本格的な音楽コンサート、生きた亀を放してスケッチや巨大な彫刻を制作するアートコーナー、さらにミニカーや紙ヒコーキ、さらにオリジナルのオブジェやフォトフレームを制作するものづくりコーナーなど、楽しみながら芸術にふれるプログラムとなったようです。

また今回特に活躍してくれたのは、各プログラムをサポートする学部生や大学院生たちでした。総勢120名ほどの学生たちが事前の準備から当日の運営をサポートし、アテンダーとして、また出演者として、日頃の成果を披露してくれていました。その意味で「TOKAIおひろめ芸術祭」は、今や学生なくしては成り立たない取組みであり、To-Collaboプログラムがめざす地域連携を通じた教育プログラムの一つに育ってきているようです。一方、昨年と違い今回は、人気のあるプログラムは始まる前から行列ができるほどの盛況ぶりで、昨年の反省を踏まえ定員制限を設けた結果、参加できなかった来場者の方もいたようで、今後改善すべき課題として残りました。

わずか1日だけの大学開放アートフェスティバルでしたが、多数の方々にご来場いただけたことに主催者として感謝申し上げます。また芸術学科では地域に愛される学科をめざし、今後もこのような取組みを継続していきたいと考えています。