恒例のデザイン学課程「クッキングバトル合宿」を行いました

恒例のデザイン学課程「クッキングバトル合宿」を行いました

夏季期間を利用して実施してきたデザイン学課程恒例の一泊二日の合宿「クッキングバトル」を、今年も9月9・10日に行いました。今年の会場は富士河口湖カントリーコテージで、富士山を望む雄大なビューポイントで開催しました。

参加した学生は3年次生12名、2年次生1名と、卒業生と教員の計16名でした。この合宿の目的は、チーム一丸となって創作料理をつくること。与えられたテーマと予算、時間を使い、食材の買い出しから調理まではチームで競い合う合宿です。1チーム3~4名で構成された4チームが、それぞれのメンバーの特徴を活かしてクッキングの腕をふるいました。

タイの留学生が参加するチームは、本格的なタイ料理に挑戦。調理料や香辛料を混ぜ合わす石製のすり鉢などを自宅から持参して4品を創作しました。またこの秋に札幌校舎でのキャンパス間留学を終え戻ってきたメンバーがいる別のチームは、“おかえり南瀬くん”をタイトルに“雪”“ホワイト”“うさぎ”をテーマとする創作料理3品を完成させていました。その他、ほうとうや桃など地元の食材を使ったユニークな料理がお目見えしました。

各チームのプレゼンテーション終了後には全員で様々な料理を堪能。その後に行われた全員参加の投票による審査によって、優勝は“おかえり南瀬くん”チームに決定しました。