東海大学地域連携センターにおいてタマ三郎展を開催しました

東海大学地域連携センターにおいてタマ三郎展を開催しました

 新年度を迎えた4月6日(月)から11日(土)にかけて、デザイン学課程の学生たちが考案した平塚漁業のPRキャラクター「ひらつかタマ三郎」の展覧会を、小田急線東海大学前駅にある東海大学地域連携センター「サテライトオフィス」で開催しました。

展示物は昨年度学内の多目的スペースで開催した際に展示した、タマ三郎の張子人形と平塚市内で撮影した写真&川柳パネルが中心でしたが、新規に第1回ひらつかタマ三郎川柳コンテストの優秀作品も展示させていただきました。

また会場では第2回ひらつかタマ三郎川柳コンテストの募集も行われ、駅前を利用する一般の方々に広くキャラクターの存在を知っていただきながら、川柳を通じて参加いただく機会をつくりました。