毎年恒例の学外授業“みかん狩りサポート”を実施しました

毎年恒例の学外授業“みかん狩りサポート”を実施しました

IMG_0393

教養学部SOHUMプログラム「湘南地域ブランド創造プロジェクト」において毎年取り組んでいる“みかん狩りサポート”を、今年も12月6日(土)に実施しました。今年は「人間学2」のSOHUMの学外授業として実施し、デザイン学課程に在籍する履修生9名と授業を担当している教員3名が参加しました。

学生たちは7時半に大学からバスで出発して目的地である二宮地区に到着。8時から16時まで、みかん狩りを主催するNPO湘南スタイルの方々から指示を受けながら、二宮地区の井上農園において“みかん狩りサポート”を行いました。サポートで行う学生たちの役割は“コンシェルジュ”。午前と午後に来園するみかんの木のオーナーたち(のべ200名の方々)を学生一人ひとりがお迎えし、山に誘導しながらみかん狩りの案内と指導を行う役割です。

当日は天候にも恵まれ、みかん山からは富士山や駿河湾が見える中、汗をかきながらのサポートとなりましたが、9名の学生たちは皆、ファミリーで訪れるオーナーたちと会話しながら、事前に決められた量のみかんを箱に詰めていました。収穫量の多いオーナーのグループではみかん150kgもあり2時間弱でみかん箱15ヶ分を確保しなくてはならず、担当した学生は初めの体験であるにも関わらず、黙々とみかんの収穫に励んでいました。

この“みかん狩りサポート”は自然の中でみかん狩りを体験するだけではなく、みかん農園を中心に集まる多様な人と接することで学生たちにとっての教育プログラムにつながっています。オーナーたちをアテンドすること、また農業を支えるNPOのしくみや関係者にふれることで、学生たちは学内の授業とは別に多様な経験を積んでいます。