デザインゼミで湘南地域ブランドPJのバスツアーを敢行しました

デザインゼミで湘南地域ブランドPJのバスツアーを敢行しました

7月19日(土)の午後を利用し、芸術学科デザイン学課程の学部生と芸術学研究科の院生総勢10名で、SOHUMプログラム「湘南地域ブランドプロジェクト」にかかわる見学会およびフィールドサーベイを実施しました。当日は、低気圧の前線の影響で小雨が降っていましたが、小型バスをチャーターしたこともあり、あらかじめ計画した4ヶ所の目的地を順次回ることができました。

はじめに訪れた先は、小田原銀座通り商店街。ゼミナールを通じて5名の学部生が春学期に制作した「おだわらコワかわ提灯」(小田原提灯の畳める構造を利用した商店街の特定店舗オリジナルのお化け提灯)が展示されるイベントを見学。学生たちは担当したお店のオーナーの方々と初顔合わせする中、自ら制作した作品が店頭に飾られている状況を確認しました。このプロジェクトは過去3年間継続的に実施していることもあり、商店街に展示される作品は全21点となり、同行した院生にとっても制作にかかわった作品が展示されて懐かしがっていました。

その後バスは平塚に移動し、高浜海岸や湘南平を巡回し、今年の10月ごろに予定しているラスカ平塚の「LUSCA HIRATSUKA&TOKAI UNIVARCITY ART GALLERY」第2弾となる展示作品の写真撮影取材を敢行しましたが、あいにくの曇天の空模様であったため期待していた夜景を写真に収めることはできませんでした。

そして最後に回った場所は、海岸沿いにオープンした「平塚漁港の食堂」。地元産の魚を食べてもらいたいとの趣旨で平塚市漁業協同組合が独自に出店したレストランを訪れ、参加者全員でおいしい食事に舌鼓しました。この食堂は秋学期も続く平塚漁業PRキャラクター「ひらつかタマ三郎」のプロモーション活動の拠点となる施設であり、学生たちは皆、地元産の魚の新鮮さや美味しさをあらためて実感するとともに、今後実施するプロモーションの一つの舞台として認識できたようです。

 2

3

4

5

678910111213