今月のトピックス

2018/06/01 資源循環の転換期
製造現場における社会的責任に関した近年の変化について、「もの」のINPUTとOUTPUTに分けてトピックを取り上げます。
まず、INPUTについては、以前よりライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessment)に基づき設計段階からの検討が進んでおり、省資源や有害物質回避が進められています。最近ではさらに国際的なCSR(企業の社会的責任)の面から反社会的組織への資金調達の防止も求められるようになりました。
2018/05/01 イーコマースの広がりと法律問題
昨今のイーコマースの広がりは目覚ましい。
スマートフォンやフリマアプリなどの普及も相まって、「個人」がインターネット上で活発に商取引を行うようになった。
これによってどのような法律問題を生じるかを考えてみる。
2018/04/02 暗号通貨の正体
最近、ビットコインをはじめとする暗号通貨にかかわる事件が、何かと話題に取り上げられている。暗号通貨(マスコミ等では“仮想通貨”と称されている)とは何なのか、一般の通貨とどのような違いがあるのか、暗号通貨の存在によって金融はどのように変わるのか、などの点について簡単な考察を行ってみたい(表参照)。
2018/03/01 パートナーへの責任~犬をめぐる最近の動向
犬を飼うことは、飼い主自身に喜びを与える他に子供の成長によい影響を与えたり、高齢者の医療費を安く抑えたりする効果があることも指摘されている。
2018/01/31 地銀の合併・統合と顧客への影響
地方銀行の合併や経営統合(持株会社化)が相次いでいる。特に、2010年以降同じ県のみならず、県を超えた合併や経営統合(以下合併・統合と略)も相次いでいる(表1参照)。
2017/12/01 ライフサイクルマネジメント -サプライチェーン管理-
2017年11月6日から17日までドイツのボンで「気候変動に関する国連枠組み条約 (United Nations Framework Convention on Climate Change)」の第23 回締約国会議(The 23rd Session of the Conference of the Parties:COP23)が開催されました。議長国をフィージー諸島共和国が務めました。この国は、太平洋にあり総面積が1万8,376km2で人口は約90万人、800以上の島嶼からなり、110 の島に人が住んでいます。
2017/09/01 札幌市へのインバウンドの増加とイルミネーション
札幌市を訪れると、最近、インバウンドと呼ばれるようになった訪日外国人旅行者を多く見かけることに気づきます。札幌市役所の発表した統計資料によると、札幌市の外国人宿泊者数は年々増加しており、2011年度には42万9,240人だったのが、5年後の2016年度には209万3,732人と、5倍近くになっています。
2017/07/31 ごみを処理するための経費:赤字リサイクル
廃棄物の問題に対しては、3Rs、すなわちReduce(リデュース:ごみ減量)、Reuse(リユース:再利用)、Recycle(リサイクル:再資源化)が解決策として提唱されています。そこで、今回は、ごみ処理の経費、リサイクルについて、検討してみましょう。
2017/05/30 企業経営の重要な評価となった環境保護戦略-変化してきた投資判断-
水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜん息などのように、事業所における公害発生は、被害者への損害賠償など大きな環境コストとなりました。
2017/03/30 外国人労働者100万人時代の到来
厚生労働省によると、日本で働く外国人の数が2016年に初めて100万人を超えました。2007年の雇用対策法及び地域雇用開発促進法の改正により、外国人雇用状況の届出が義務化されて以来、最も多い数です。
2017/03/10 プレミアムフライデー開始に思うこと
今年2月24日の金曜日からプレミアムフライデーが実施された。プレミアムフライデーとは、月の最後の金曜日に、終業時間を午後3時に切り上げ、少し早めのディナーを計画したり、夕方の明るい時間に買い物を楽しんだり、鉄道などを使い土日を含めた2.5日の小旅行に行ったりすることを奨励するものである。
2017/02/07 入国停止の大統領令がもたらす経済リスク~トランプのアメリカはどこに向かうのか~
就任前から何かと話題(問題)を振りまいていたアメリカのトランプ新大統領。大統領に就任すれば、もう少し落ち着くのではないか、といった期待を持つ向きもあったが、現実にはTPP(環太平洋経済協力協定)を無効にする、シリアやソマリアなどイスラム圏の7か国からの入国を停止するなど、無謀ともいえるような大統領令を乱発している。
2017/01/23 昭和時代の団地とリノベーション
大阪府枚方市の香里団地(こおりだんち)を訪れる機会を得ました。枚方市は大阪市に隣接し、枚方パークで開かれる菊人形展が有名ですが、京阪電鉄といって、京都と大阪を結ぶ私鉄の沿線に位置しています。
2016/12/03 温室効果ガス排出抑制の新たな枠組み -パリ協定発効とCOP22-
国際的な温室効果ガスの排出抑制対策は、現在京都議定書第二約束期間(2013~2020年)に入っていますが、日本は参加していません。日本は、2016年4月に電力自由化になって以降、消費者、供給者ともに安価な電力の供給に注目しており、供給源の発電方法にはあまり目が向けられてはいません。
2016/06/05 環境責任を果たせない企業 自己規律の欠如
自動車メーカーの自社製品に関する環境性能を偽る事件が国内外で相次いで発生しています。消費者をはじめとするステークホルダーを軽視した行為です。2015年9月に米国で法令に基づく排ガスデータを偽装したフォルクスワーゲンは、米国環境保護庁の調査によって不正が発覚し、180億ドルに及ぶ制裁金が要求されています。
2016/03/30 台湾の都市再開発と住宅
台湾を訪れると、台101に上って風景を眺めたり、ノスタルジックな雰囲気が残る九份老街に行ったり、士林の夜市で買い物をする人も多いでしょう。それだけでも見聞は広まることでしょう。
2016/02/29 食品ロスと消費者の責任
レストランに行くと、隣の席の人が食べ残して帰っていくのを見ることが時々ある。先日は、テーブルの上にメロンが残っていて私は驚いた。そのテーブルには、さっきまで赤ちゃん連れの若いカップルが座っていた。彼らは子どものときに親から食べ物を粗末にしてはいけないと習わなかったのだろうか。
2015/12/15 国連気候変動枠組み条約・パリ協定採択
1997年の「京都議定書」採択以来、国際的な地球温暖化対策が進んでいませんでしたが、2015年12月12日(フランス・パリ時間)に2020年以降の新たな枠組みとして「気候変動に関する国際連合枠組み条約・パリ協定」が採択されました。
2015/11/17 新たに定められた持続可能な開発目標(SDGs)
2015年9月25日に開催された第70回国際連合総会で採択された「持続可能な開発のための目標(Sustainable Development Goals:以下、SDGsとします。)」が発表されました。
2015/07/14 ギリシャ危機と日本への影響
今、何かと話題のギリシャ。人口は約1100万人、GDPは約1800億ユーロ、世界のGDPに占める割合は0.3%に過ぎない。何故、この国の債務問題が大きく取り上げられるのか。ギリシャ危機と日本への影響について、経済的側面を中心に考察してみたい。
2015/06/05 日本の産業革命遺産
日本には、多数の産業遺産があり、経験的な知識を含め知的財産が数多く存在しています。独自に生み出されたものや海外から導入された技術を発展させていったものなどさまざまな形態があります。
2015/02/01 延長された中国の西部大開発
中国は、その沿海部の都市において社会主義市場経済を取り入れて発展していることはよく知られています。それに対して内陸部の都市は、国家プロジェクトによってインフラ整備が計画的に行われています。
2014/10/01 川崎エコタウン事業
川崎ゼロエミッション工業団地内のコアレックス三栄レギュレーター株式会社 東京工場。ここでは古紙など回収原料を溶解、精選、脱墨、洗浄し、抄紙機(クレセントフォーマー)で、薄くすいた紙をドライヤーで高温減菌・乾燥し、ジャンボロールをつくります。
2014/06/01 日本のエネルギーの将来
2011年に発生した福島第一原子力発電所事故以降、日本のエネルギー供給源は著しく変わりました。天然ガスや石油等化石エネルギーを利用した火力発電が中心となりました。
2013/12/18 近づく水素社会
宇宙で最も豊富に存在する元素は水素です。この水素を人類のエネルギー源として利用できれば、再生可能で環境にほとんど負荷を与えない社会が実現できる可能性があります。
2013/06/05 核エネルギーの錯綜(さくそう)
生活に不可欠な太陽光は、太陽で行われている核反応(核融合)によって、地球に降り注がれています。
2013/01/22 「復興ぞうきん」
東日本大震災から1年10か月がすぎました。被災された方々の生活の再建には、住まいや仕事、また医療や介護など、生活面での安心を確保することが何より大切ですが、現地ではさまざまな復興支援プロジェクトが展開されています。
2012/07/06 リオ+20(環境サミット)から新たな未来へ
「持続可能な開発」をテーマに1992年に実施された国連環境と開発に関する会議(リオの会議)から20年目の今年、6月20日から22日まで、再度、ブラジル・リオデジャネイロで「国連持続可能な開発会議(リオ+20)が開催されました。
2012/03/23 フィリピンのスラム-都市インフォーマル部門
環境保全の重要分野の一つに、廃棄物対策があります。
2011/10/01 ローカル・コモンズの利用方法【続き】
地球温暖化対策の一つに、再生可能エネルギーを開発して、化石燃料の消費を節減・代替することがあげられます。
2011/07/01 ローカル・コモンズの利用方法
ローカル・コモンズとは、地域住民が利用している海産物などの沿岸資源や、農業用水・ため池などの真水、遊休地・道端・あぜ道の牧草など、公有地や公共の場所にあって、無償で利用できる共有自然資源を指します。
2010/11/01 秦野市域はこうして生まれた
皆さんは、東海大学前駅 南口 エレベーター脇の階段を下りてすぐの緑地に、「記念碑」があるのをご存じですか?
2010/10/01 社会保障と財政悪化(3)
今回が社会保障と財政悪化の最終回です。
日本の財政悪化は深刻化、慢性化しているとも言われています。赤字であっても法律で定められたことはやらなければなりません。
2010/07/15 社会保障と財政悪化(2)
前回の続きです。
今度は、国民(有権者)の立場で考えてみましょう。
2010/07/02 社会保障と財政悪化
皆さんは、社会保障関連の支出が増えているということや国家財政が厳しいということをニュース等で一度や二度は聞いたことがあるのではないでしょうか。
2010/02/01 お金の正体
私達が生活を送る上で、必要不可欠なものの1つにお金があります。
たとえばモノを買う時にお金を払います。貯金をする時にはお金を銀行に預けます。
2009/12/01 開発途上国が地球温暖化を引き起こすの?
バラク・オバマ米大統領は、この11月、アジア諸国を歴訪しました。鳩山首相との会談では、温暖化防止のため、2050年までに日米両国が温室効果ガス排出量を80%以上削減することを目指すことに合意しました。
2009/10/30 本格的なエコカー競争の時代に突入?
ヘンリー・フォードが1903年6月にアメリカのデトロイト市にフォード社を設立し、そこが1908年にT型フォードを中心に大量生産体制を確立して以来、世界の自動車産業は・・・