在学生の声

藤澤秀紀さん

2011年入学 新保ゼミナール

社会環境課程では、ビジネス、環境、福祉という3つの領域から学びたい分野を選んで、各専門分野の先生方の下で学習することができます。私は、金融経済に興味があり、ビジネス領域である新保先生のゼミに入りました。新保ゼミでは、経済の仕組みの基礎から、株式投資まで、よりリアルに学ぶことが出来ます。授業を通して、プレゼンテーション能力を向上させたり、論理的思考を身に付けることができ、社会に出てから必要なスキルも身に付けることができます。

福岡朋也さん

2011年入学 鳥飼ゼミナール

社会環境の魅力は、授業の豊富さとゼミの活動です。海外研修や合宿などゼミによる活動は様々です。私は、鳥飼ゼミ研修でフィリピンや大阪に行きました。研修で実際にこの目で現状を見て、貧困、環境、援助を巡る課題を考える糧を得ることができました。自分自身の足で動き、頭を使って行動することで、今まで出来なかった新しい経験や発見があると思います。
もちろん、ゼミ内でのイベントもあり大いに盛り上がることができる楽しさもあります。充実した学生生活を送ることができていると実感しています。

西野詢一郎さん

2011年入学 隈本ゼミナール

私は環境、福祉、ビジネスと幅広い分野を勉強できるというところに魅力を感じ、社会環境課程に入学しました。研究室ではマーケティングを専門に基礎から多くの仲間と協力しあって学んでいます。その他の活動では「環境キャラバン隊」を組んで、小学校を訪れて環境教育を行うプロジェクトに所属しています。ここでは環境のことだけではなく、仲間と何かを成し遂げることの大切さなどたくさんのことを学ぶことができました。大学は学部、学科にとらわれずに多種多様なことにチャレンジできる場所だと私は思います。

富樫澄香さん

2012年入学 勝田ゼミナール

私は大学に入ってから、何を学びたいのかが明確になりました。最初は、ビジネスに興味がありましたが様々な講義を取って学んでいく内に私は、環境についてもっと知りたいと思うようになりました。またサークルにも入り、先輩との交流や趣味を広げるきっかけにもなり、充実した大学生活です。自分のやりたい事を自分で見つけていく所が大学だと思います。

片山孟之さん

2011年入学 広瀬ゼミナール

私は社会環境課程の3・4年ゼミナールでゼミ長をしています。現在ゼミナールでは「高齢社会」を基本テーマにして、各自が卒業研究に取り組んでいます。ゼミナールは高校のHRとは異なり少人数クラスのため、お互いが親しくなり、また議論を通して客観的視点を養うこともできます。授業外ではアルバイトをしていますが、もちろん中にはサークル活動を行う友人もいれば、ボランティア活動を行う仲間もいます。ぜひ、高校生の皆さんも一度大学に見学しに来て下さい。

大木良介さん

2011年入学 高木ゼミナール

ゼミでは地域社会のさまざまな問題をテーマとしています。私が所属する高木ゼミは、先生をはじめ、一人一人が個性的で、活気のある仲が良いゼミです。
3年生の夏休みには、小田原市の商工会議所と青年会議所に調査へ行き、普段なかなか聴くことのできない地域社会やまちづくりについてお話を伺い、レポートにまとめました。その中には小田原地下街の現状や再生など、小田原に住んでいる私でも知らないことがたくさんあることに気づきました。そのことを、さらに深めるために、卒論のテーマは「少子高齢化と中心市街地の活性化」にしました。4年時には就職活動と並行して書き進めるつもりです。

岡村遼さん

2011年入学 藤巻ゼミナール

入学後に感じた社環の魅力は、一つのテーマに縛られない授業の豊富さでした。3年生になってからは、国際関係論に興味を持ち、藤巻ゼミナールに入りました。ゼミ活動では、夏休みにはインカレセミナーへの参加などを通して国際的な協働力を身に付けただけでなく、ゼミの仲間たちとの絆を一層深めることが出来ました。そして、今学期は他のゼミでは経験できない留学生との学生会議のために英語プレゼンの練習をしています。
大学に入学してからの学びは自分次第です。是非、大学入学後は楽しく充実したキャンパスライフを送ってください。

日下直人さん

2011年入学 堀ゼミナール

私は経済と福祉の分野に関心があり、社会環境課程に入りました。社会環境課程では、経済や福祉、環境について学べ、広い視野で社会を見つめることができるので、自身の社会的視野の拡大や知識の向上が実感できると思います。ゼミナールの活動は各ゼミごとに様々ですが、私は堀ゼミに所属して、たばこと社会環境に関するシンポジウムやディベート大会、ゼミ合宿などの色々な体験をさせて頂いています。それらの活動を通じて信頼できる仲間ができ、勉学と趣味を両立させた充実感のある大学生活を過ごすことができています。

遠藤 翔さん

2011年入学 落合ゼミナール

私は付属高校の出身です。公務員を志望していることもあり、社会環境課程に入学しました。社会環境課程は環境・福祉・ビジネスの講義を自分で自由に選択して受けることができるので、公務員になった場合に講義で習った知識を地域社会で生かせるのではないかと考えました。さらに、これら3つの分野はそれぞれ関連しているので、どのような部署の仕事を任されても、学んだことは将来の私にとって役立つことだと思います。