よくある質問



社会環境とは

社会環境課程の魅力は何ですか?

「環境」、「福祉」、「ビジネス」という3つの分野を学ぶことができます。これらの基本を学んで、本当に自分がやりたいことをじっくり考えてから決めることができることです。また、少人数クラスが多く、全体としてアットホームな感じで、教員と学生の距離感も近いです。

いろいろ学べても全てが薄くなりませんか?

確かに、幅広く学べ、自由度・選択肢が高いことは社会環境課程の最大のメリットであると同時に、デメリットにもなりえます。漫然と授業を受けているだけでは、いろいろ学んだけれど結局、何も身につかなかったという可能性もあります。機会は与えられますが、それを自分のものとするには、それなりの努力と意欲も必要です。

社会環境課程の特徴を一言で表すと何ですか?

ズバリ「選択の自由」です。社会環境課程では、ビジネスから環境、福祉まで専門的に学べるカリキュラムを用意していますから、自分で学びたい分野を入学後に選択することができます。入学するときに、何を学ぶのか決まっていなくても、ビジネス、環境、福祉の授業を受け、2年次生になってから3分野の中から、1つあるいは複数を選択すればよいのです。自由度の高いことが特徴といえます。

社会環境課程で学ぶこと

社会環境課程で何を学ぶことができますか?

主に、「環境」・「福祉」・「ビジネス」の3分野にかかわる具体的な問題を学ぶことができます。これら3分野は、組み合わせて学ぶこともできますし、どれか1つを選択して集中して学ぶこともできます。学ぶ場所は、主に大学内ですが、学外に出かける機会も頻繁にあります。

環境・福祉・ビジネスの3分野は独立したテーマで そこからひとつを選択して学ぶのですか?

これら3分野は、独立している部分もありますが、重なり合ったり、関連し合ったりしている領域がたくさんあります。たとえば、環境保全を念頭に置いた経営戦略、高齢者福祉を対象としたシルバービジネス、高齢者・障害者・貧困者の持つ草の根パワーを活用した環境支援、環境関連あるいは福祉関連のベンチャー企業の立ち上げなど、3分野が相互に関連し合うものを専門的に学ぶことができます。

人間環境学科にある「社会環境課程」「自然環境課程」との一番の違いは何ですか?

社会環境課程における環境分野は、経済社会を重視しますので、物理・化学・生物・数学のような自然科学の知識は必要ありませんし、実験・測定もありません。その代わりに、自然環境課程にはない福祉とビジネスの分野が備わっていて、教員免許状は「社会(中学校)」、「公民(高校)」が取得できます。

一方、自然環境課程は、生物学・物理学・工学を専門とする先生がいて、ビジネス、福祉が専門の先生はいません。教員免許状は「理科(中学・高校)」が取得できます。

「健康科学部社会福祉学科」とどちらを選ぶか悩んでいますが どう違いますか?

健康科学部社会福祉学科と人間環境学科社会環境課程の違いは、社会福祉学科が“現場”の福祉、いわば実践的な福祉を主な教育対象としているのに対し、社会環境課程は“福祉政策”や“福祉経営”を主な教育対象としていることです。福祉の何を学びたいかによって、志望学科を決めていただくのがよいと思います。

政治経済学部の「経済学科」や「経営学科」と どう違いますか?

社会環境課程の3本柱の1つであるビジネスは、実践的な学問を学ぶことを目指しています。したがって、経済や経営の理論ももちろん学びますが、むしろ現実の経済や経営、ビジネスの方法論について学ぶことに力点を置いています。

数学が苦手ですが 経済系科目についていけますか?

社会環境課程では難しい数学を使うことは、まず、ないといってよいでしょう。もちろん加減乗除は使いますが、微分や積分などの高等数学を使うことはありません。また、講義では難しい数学を使うことなく、基礎的なことから進めていきますので、心配をされる必要はないと思います。

卒業時に副専攻が認められるそうですが 副専攻とは何ですか?

他学部などの授業で決められた科目の中から、20単位以上修得すると自分の学科以外の専攻も副専攻として認められ、成績証明書に記載されます。総合大学である東海大学のメリットです。自分自身の知識・技能を向上させることにもつながり、就職活動でもアピールすることができます。


社会環境課程のいろいろ

どんな感じの先生がいますか?

気さくで個性的な先生がたくさんいます。専門は、経営学、金融論、経済政策、環境経済学、福祉経済論、医療経営、地域経済論などさまざまですが、社会環境課程の学生の生活や学習面での相談に気軽に乗ってもらえます。将来の就職進路についても、じっくりと話し合って、自分のもつ可能性や、潜在的能力を大きく伸ばしてほしいと願っています。

社会環境課程の卒業生の就職先はどのようなところになりますか?

メーカー、サービス業、鉄道、金融・保険業、公共団体、医療・福祉など、さまざまです。文系学生を募集している会社・団体なら、業界は限定されず応募できます。また、公務員、教員になったり、大学院に進学したりする学生もいます。最近では、東急百貨店、三菱東京UFJ銀行、野村證券、みずほ投信投資顧問、日本生命保険、東京海上火災保険、小田急電鉄、JR東日本、JA、県警、市役所などに就職しています。最近の就職動向は、就職・資格のページに詳しく出ています。

環境に関連した就職をしたいのですが どのようなものがありますか?

企業経営には、環境保全への配慮が不可欠となっていますから、環境経営はますます注目されています。どのような業種でも環境戦略をもって将来計画を検討しています。自分が関心のある業種について、どのような環境戦略が必要であるのかを考え、就職を決めていくことがよいと思われます。なお、環境測定や環境装置の製造など、環境保全そのものを取り扱っている業種もあります。

社会環境課程では教師になれますか?

教養学部は"教育学部”ではありませんので、教師になるための勉強が私たちの専門分野ではありません。それでも、社会環境課程では「社会(中学校)」、「公民(高校)」の教員免許状が取得できます。社会で必要とされる人材になるためのプログラムがたくさん用意してあります。

教員免許状は「社会科」以外にも取得できるのですか?

基本的には社会科を取得しなければなりません。ただし、他学部の授業を履修することで、他の教科の免許状も取得可能です。その場合、多くの授業を学ぶことになるので、自らのやる気と根気が必要となります。

卒業後に専門学校に進学する人はいますか?

大学の4年間で将来の進路についてじっくり考えた結果、資格取得のため専門学校でさらに勉強をする学生もいます。専門技術の修得をメインとする専門学校と異なり、大学では幅広い視点からさまざまな学問領域を学びます。特に社会環境課程で学ぶ環境・福祉・ビジネス領域は、実社会ともつながりが深く、どのような進路に進むにしても、長い人生設計において学んで無駄になることは1つもありません。

男女比はどれくらいですか?

現在、社会環境課程に在籍している学生の男女比は、ほぼ半々です。

一般入試で入学する学生は全体のどれくらいいますか?

一般入試で入学する学生は全体の3割程度です。ただし、入学後は推薦入試やその他の入試で入学した学生と、一般入試で入学した学生の交流は比較的スムースに行われています。


社会環境課程の大学生生活

社会環境課程のある東海大学湘南キャンパスには どのような施設がありますか?

湘南キャンパスには、中央図書館のほか複数の図書館があります。また、パソコンルームも、ほぼすべての建物(号館)にあります。食事は、大きな学生食堂が4カ所あり、中・小食堂、軽食のほかキャンパス内にコンビニエンスストアやドトールコーヒーなど喫茶できる場所も複数あります。また、15号館にはトレーニングルームや室内プールがあり、年会費500円で学生なら誰でも使えるようになっています。

高校のようにクラスがないようですが 友達はどのようにしてつくるのですか?

入学後のガイダンスや、低学年に受ける科目が同じであることが多いので、自然に友達ができます。また、社会環境課程はアットホームな環境で、1学年の人数も他の学科に比べ多くないので、仲がよいのです。サークル活動、部活動を通じて友達をつくる人もいます。指導教員制度が充実していますので、先生からのアドバイスも気軽に受けられます。東海大学は総合大学なので、いろいろなサークル・部活動があります。

編入や転入など途中から入学する学生もいますか?
その場合 授業の単位や友達づくりなどの不安がないでしょうか?

毎年、若干名ですが、短大や他学科からの編転入者があります。どこからの編転入かにもよりますが、編転入前に修得した全ての単位が認定されるわけではありませんので、他の学生と比べると授業もたくさん履修しなければなりません。大変ではありますが、他の学科では学べない授業もありますのでやりがいがあります。また、最初は慣れない環境に戸惑うことが多くても、指導教員制度が充実していますし、ゼミやサークルなどで徐々に友達ができます。一番大事な事は、自ら進んで動く積極性であるといえます。

学業とアルバイトやサークルの両立は難しいですか?

クラブ・サークルとも、大部分の学生は授業の終了後に活動を行っています。また、例えば、サークル活動のある日はアルバイトを行わないなどのように工夫して、学業とアルバイトやサークル活動を両立させています。

1人暮らしの下宿代はどれくらいですか?

住む場所や部屋の大きさによって家賃は異なりますが、大学の周辺で1K(1部屋+台所+バス・トイレ)程度の広さであれば、3万円台から5万円台というのが平均的な金額です。

自宅からの通学時間が2時間かかりますが、大学に通えるでしょうか?

2時間ほどの時間をかけて大学に通っている学生はたくさんいますので、十分に通学可能ですが、1人暮らしをしている学生もたくさんいます(およそ半数が1人暮らしをしています)。大学では近隣のアパート・マンションなどの紹介を行っていますので、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが可能です。