一覧で見る

一覧で見る

  • 資源循環の転換期

    製造現場における社会的責任に関した近年の変化について、「もの」のINPUTとOUTPUTに分けてトピックを取り上げます。
    まず、INPUTについては、以前よりライフサイクルアセスメント(Life Cycle Assessment)に基づき設計段階からの検討が進んでおり、省資源や有害物質回避が進められています。最近ではさらに国際的なCSR(企業の社会的責任)の面から反社会的組織への資金調達の防止も求められるようになりました。