一覧で見る

一覧で見る

  • 企業経営の重要な評価となった環境保護戦略-変化してきた投資判断-

    水俣病、イタイイタイ病、四日市ぜん息などのように、事業所における公害発生は、被害者への損害賠償など大きな環境コストとなりました。2011年には、東京電力福島第一原子力発電所の津波対策(外部事象対策)を行っていなかったことで、天文学的な環境コストが生じています。この事件では、すべての損害賠償を東京電力が支払っていれば倒産しています。