学科・課程紹介

人間環境学科自然環境課程では 「人間活動と自然環境の調和」に関する問題を総合的な視点に基づいて研究し 「豊かさの本質」を問い直します

学科・課程概要

当学科が目指す「人間環境」とは、豊かな自然環境の中で、生きがいとゆとりのある生活が営める成熟度の高い社会環境を意味しています。このような人間環境を形成するためには、「人間生活における真の豊かさとは何か?」という問いかけに答えることのできる、新しい価値観を社会が共有する必要があるのではないでしょうか。

20世紀を振り返ると、生活水準は急激に向上しましたが、環境悪化の代償も伴ってきました。そして現在、ある一定以上の生活を維持しつつ、豊かな自然を守り、健康で生きがいのある、ゆとりを持った生活が営める環境の実現を、我々は迫られています。つまり、「成熟社会」の構築こそ、これからの最大の課題といえます。それはまた、文化、社会、自然のバランスを広い視野で把握する、新しい観点から生まれてくるものです。人間環境領域は、この新しい観点から「新たな成熟社会の構築」を考えていくことを目的に設置されました。

具体的には、1.多様な動植物が生存できる「良好な自然環境の維持」、2.人間が世代を超え、国境を超えて手をつなぎ、社会、文化などあらゆる分野で協力・協調できる「人間共生社会の構築」、3.環境保全を達成するための「資源循環型社会活動の拡充」、という3つの視点から実践的に教育活動を行っていきます。

学びのテーマ

人間活動と自然環境の調和

我々人間が生きていくために何が必要でしょうか?

空気、水、食料、エネルギー、家族、友だち、お金等々、いろいろなものを思い浮かべると思います。しかしながら、生物としての生存を考えると、「空気」「水」「食料」「エネルギー」が最も重要だといえます。それらは、すべて他の生物やそれらの生物を育む自然環境により造り出されるものです。例えば、「空気(酸素)」は植物などの光合成生物が生産し、「食料」はそれこそ動植物の体そのものです。

このことから、我々の持続的な活動のためには、それらの生物や自然環境が不可欠なことがわかります。近年、地球温暖化、生物多様性の喪失や砂漠化などの問題が話題になっていますが、我々人間の活動が盛んになり、他の生物や自然環境に大きな影響を及ぼすことで、このままでは人間が持続的に活動できなくなる可能性が高くなってきています。

そこで必要になるのが「人間活動と自然環境の調和」です。すなわち、自然環境に壊滅的な影響を及ぼすことなく自然環境を持続的に利用できるようにすることで、人間活動を持続的に営むことができる仕組みを作ることが求められています。

皆さんも「人間活動と自然環境の調和」について真剣に考えてみませんか?

▲TOP

里山・里川

日本の多くの地域には、「河川」、「雑木林」、「水田」、「畑」および「草地」など多様な自然環境が存在し、それらを含む景観は一般的に「里地・里山・里川」などと呼ばれています。里山的景観は、多様な環境が存在することから生き物の宝庫になっています。ホトケドジョウ、ゲンジボタル、オオムラサキ、キンラン、ヤマユリ、コオニタビラコなどは、その代表的な生き物です。

里山的景観は、人が自然を活用することで生み出されてきた環境であるため人の管理が必要です。しかしながら、近年人と自然のかかわりが希薄になったことから、里山的景観が変化し、そこに生育・生息する生き物の多様性も低下しているのが現状です。

そのため、里山保全を目的とした様々な活動がNPO(Non-Profit Organization:非営利組織)や地域行政を中心に行われています。具体的には、雑木林の管理(伐採や草刈など)、復田活動(休耕田での稲作)、河川・海浜での外来動植物の駆除活動などです。地域の自然の理解のためにも、地域で行われている里山保全活動に参加してみましょう。

▲TOP

環境教育論

5年先、10年先、20年先・・・。あなたの未来の暮らしはどうなっているか、想像したことはありますか?そして、今の環境に関する現状をどう考えていますか?今この時は、過去とつながっています。さらにグローバリゼーションが進む中で、あなたは地球上の様々な人・モノ・自然とつながっています。あなたの毎日の暮らしの影で、地球のどこかで悲しい現実と向き合っている人がいる。そして、その悲しい現実があなたの未来の子どもたちにもふりかかるとするなら・・・。そう、今この時は、未来ともつながっているのです。

社会の変化と連動して、近年教育に対する考え方も変化しています。「環境教育」という言葉は一般化しつつありますが、「何のため」「誰のため」に実践するか、考えたことはありますか?それは、どんな内容を取り上げ、どんな方法で実践すればいいのか。

この命題を「地域」「多文化共生」「自然」という切り口で考えると、多様な実践を考えることができます。環境教育論は、そうした「学び方を学ぶ」ために様々な人と協働(コラボレーション)的に議論・行動することが求められる学問領域です。さあ、あなたも学びの輪に参加しませんか?

▲TOP

生物の生理・生態および保全

現在、地球には3,000万種ともいわれる数多くの生物が生息しています。これらは複雑なつながりをもっており、非生物的環境と合わせて「生態系」を構成しています。我々人間はこの生態系から、生きていくための酸素や水、食べ物や薬、さらには暮らしの安全性に至るまで様々な恩恵を受けながら生活しているのです。

しかし近年、人間活動によって多くの生物が絶滅の危機にあり、それにともなって各地の生態系が壊れつつあります。それを少しでも食い止め、様々な恩恵を今後も持続的に受けるためには、まずは対象となる生態系に生息する生物の、生体作用・機能(生理)や、他の生物・非生物的環境との関わり(生態)を明らかにしていく必要があります。そこで、野外調査や飼育実験によって野生動植物の生理・生態的知見を明らかにし、その結果から、自然環境の保全のあり方、もしくは人間との共存を模索していきたいと考えております。また本課程では、模索するだけではなく可能な限り保全活動を実践することも心掛けています。

▲TOP

異常気象・地球環境

皆さんは、天気予報を通して、毎日のように身近に気象情報に接しています。気象現象は、絶えず変化している事が第一の特徴です。もしも変化が無ければ大変です。毎日晴れ続きなら、そこは砂漠になってしまいますし、雨続きなら洪水になります。適度な晴れと雨が交代しながら、毎年似たような季節変化を繰り返していればこそ、我々は農業を営んだり、日常生活が続けられる訳です。第二に、その変化は規則的な繰り返しでは無い事も、重要な特徴です。もしも完全な繰り返しなら、我々はただ過去の記録さえ有れば事足りて、我々人類は自然界の大いなる謎解きに挑戦する事も無かったでしょう。

気象現象の理解には地球規模の視点が大切です。日本の日々の気象現象や気候を決定しているものは、日本周辺だけではなく地球規模の大気・海洋・陸面の状態であります。

「異常気象」と呼ばれる極端な現象も、「地球温暖化」と呼ばれる人類の将来に関わる現象も、すべて「自然起源と人為起源」の地球環境変動の一環であります。自然環境課程では、地球環境に関して「深く勉学・研究」できます。

▲TOP

環境教育用教材の開発

環境を学ぶためには、理科の「物理」「化学」「生物」「地学」だけでなく、社会の分野の「地理」「経済」など幅広くの分野の学習が必要です。特に、理科の科目は、自然を知る上でとても重要です。ところで、自然を学びたい人のうち、「生物」や「化学」は好きだけど「地学」はあまり学んできていないので難しいとか、「物理」はちょっと苦手という人が考える人の意外と多くいます。これは数学が苦手であったり、教科書や参考書の中だけでの学習であったりするため、学ぶ内容のイメージがうまく作れないことが影響していると考えられます。そのため、「興味を持って学習できる教材」、「色々な自然現象をイメージできる教材」、ただ楽しいだけでなく「きちんと内容を理解できる教材」の開発は、自然を「見て」、「感じて」、「考える」ことのできる力を養うために必要です。

つまり、地学や物理を中心とした内容が楽しく学べる教材開発は、環境を幅広く理解するため、とても重要な分野です。

▲TOP

エコテクノロジー

エコテクノロジーと言う言葉は「エコ(Eco)」という言葉と「テクノロジー(Technology:技術)」という言葉が合わさった新しい言葉です。
この「エコ(Eco)」という言葉の由来は、
・Ecology・Ecological(生態系、生態学の)といった言葉のから「環境上の」と言う意味に派生して生まれた。
・Ecologyと言う言葉とEconomy(節約・倹約)という2つの言葉の共通部分から造った。
・Environmental Conscious (環境に配慮する) という言葉を合わせて造った。
など、色々な説があります。

この新しく生まれた「エコ(Eco)」と言う言葉は、「環境にやさしい」とか「環境に配慮した」とか「循環型社会を目指した」とか「環境負荷が少ない」・・・・などの意味を含む言葉に進化しています。

そのため、エコテクノロジーと言う言葉も「環境にやさしい技術」とか「環境に配慮した技術」とか「循環型社会を目指した技術」とか「環境負荷が少ない技術」など様々な分野、場面で使われる言葉になりました。

このようにエコテクノロジーと言葉には色々なところで使われていますが「人が生活していく上で、生産消費している物質やエネルギーなどを3R[リデュース(Reduce:減らす)、リユース(Reuse:繰り返し使う)、リサイクル(Recycle:再資源化リサイクル)]の考え方に基づいて、地球の将来を考える技術」という共通した考えが込められています。

▲TOP

再生可能なエネルギー

地球表面に流れ込むエネルギーには、3つの流入源があります。その第1は太陽エネルギーであり、全体の99.98%を占めています。第2は地熱エネルギーであり、高温の地下から火山や温泉としてやってきます。第3は潮汐エネルギーであり、月や太陽と地球との間に働く万有引力によって引き起こされます。このようにして地球の表面系に流入してきたエネルギーは、風や波のエネルギーに姿を変えたり、また降雨や植物体内に有機物として蓄えられたりします。

これらのエネルギーは太陽系が安定に存在し続ける限り、なくなることはありません。繰り返し供給可能なエネルギー源となり得ます。これらの太陽熱・光、風力、地熱、潮力、海洋温度差、海洋濃度差、バイオマスなどのエネルギーを再生可能なエネルギーといいます。再生可能なエネルギーは非枯渇エネルギーであり、石炭、石油、天然ガスなどの化石エネルギー資源や、ウランなどの核エネルギー資源のような枯渇エネルギー資源と区別されます。

再生可能なエネルギーは一般に1)エネルギー密度が小さい、2)空間的・時間的変動が大きい、3)エネルギー形態が多種多様である、などの特徴があります。地球温暖化対策の面から、これらのエネルギーを利用した太陽光発電や風力発電、地熱発電が行われており、21世紀の重要なエネルギー源として期待されています。

▲TOP

環境汚染と水環境

かつての公害は、企業(加害者)が地域住民(被害者)に重大な健康被害をもたらしました。加害者が私企業であり、公害ではなく私害と表現した方が適切といえます。また、加害者と被害者が明確であり、今日の地球規模の環境問題とは大きく異なっています。水環境に関しても同様のことが言えます。現在の汚濁や汚染の主な要因は、工場排水より生活排水となっています。つまり、生活者が加害者であり、影響を受ける被害者も生活者です。従って、環境を保全する一人ひとりの地道な行動の積み重ねが、水環境の問題を改善する大きな力になるはずです。たとえば、日々の洗濯や台所で使う合成洗剤は、石鹸と比較しても生物毒性が強いことが分かっています。水中の生態系を保全するためには、洗剤を使う人がどのような選択するかが重要になります。

また、窒素やリンといった河川中の汚濁物質もまだまだ高い値を示しています。各家庭の浄化槽もメンテナンスをしっかりしないと、浄化が不十分な生活排水が河川中に流れ込むことになります。

公共下水道に関しても、窒素やリンの除去には限界があります。各家庭で、汚濁の原因となる物質を生活排水に流さないようにする配慮が必要です。自然環境課程では、水がいかに貴重な資源で人間生活や他の生物に重要か、水環境の現状はどのようになっているか、水環境を保全するためにはどのような取り組みが必要かなどを、講義だけでなく体験実習や卒業研究を通して、体験的に学ぶカリキュラムが準備されています。

▲TOP

ご利用案内 | プライバシーポリシー