ゼミ・教員の紹介

元気いっぱい、真剣、和気あいあい

内田ゼミ

一生を通じて、自らを高めていく上でも、自分を磨くという意識を是非持ってほしいと思います

学生時代にできるだけ多くの経験を通じた「学び」を進めてください。一人ひとりが、それぞれの個性に応じて、社会で活躍するための素養を伸ばしていって欲しいと思います。今考えている自分自身は、まだまだ可能性を秘めている状態。是非、多くの色々な経験を通じて、高い目標を持って自らを磨いていって欲しいと思います。

内田 晴久 教授
Dr.rer.nat
【専門分野】材料科学・物理化学・リサイクル

研究分野

将来のエネルギーやモノの使い方を考え、問題を解決していくことです。教育においてもどの様な素養を持った人材が必要かを考えています。環境に関わることに取り組むと、色々なことにつながりがあり、様々な研究分野へと広がっていく結果となっています。

研究分野の今後の発展性
自然エネルギーの獲得・利用について考えることは、将来の社会の在り方を考える上で、とても大事だと考えています。モノの利用においても同様です。社会をどの様に持続可能としていくのか、そのためにはどの様な素養が育成されるべきか、併せて考えていきます。将来、大学を卒業して、社会で活躍するためにはとても大切な視点です。

研究分野の社会性
エネルギー問題は、社会の持続性にとって、最も基本で重要なキーワードです。エネルギーがあるからこそ、様々な資源の利用や人々の生活の維持が可能となります。大学での研究や教育は、社会と密接につながっています。

ゼミナール

3年次は、皆で実験やゼミを進め、4年次は、一人1テーマで卒業研究を進めていきます。

就職活動等の日程と研究とを上手に調整し、中間発表、最終発表へと準備を進めていきます。
実験系では、水素エネルギー材料や水素を作るための実験、また調査系では、環境負荷評価や新しい教育手法等、様々な視点から、将来の社会にとって大切な課題についてそれぞれが研究を進めています。

卒論テーマ

・新水素貯蔵材料の可能性
・超臨界水を用いたバイオマス利用水素の生成
・水素エネルギー社会のあり方とシステム
・廃棄物処理の現状と将来
・紫外線の頭髪への影響
・太陽エネルギーの新たな利用方法

研究分野

資源リサイクル論
■人間環境と化学物質
■環境体験演習(海のNPC実習・望星丸実習)
■現代文明論

先生紹介
最終学歴 シュツットガルト大学
所属学会 応用物理学会
日本化学会
資源エネルギー学会
触媒学会
エコマテリアルフォーラム
環境教育学会
主な論文著書 環境NPOと連携した体験実習型環境教育の試み (2004〜2009) (教養学部紀要)
Analysis on nitrogen oxides by TOF-SIMS (2008) (Applied Surface Science)
希土類酸化物添加によるマグネシウムの水素反応特性向上 (2008) (日本金属学会誌)
知的財産教育のあり方 (2008) (特許庁)
炭素系触媒添加によるアルカリ錯体系水素吸蔵材料の水素反応特性の改良 (2007) (水素エネルギーシステム)
Mechanically milled alanates as hydrogen Storage materials (2006) (J. Hydrogen Energy)
エコマテリアルハンドブック(物質材料プロセスとエネルギー消費/材料プロセスの基本的考え方とエネルギー消費)(2006) (丸善)
超音波が可能にした廃食用油直接燃焼給湯用ボイラー (2005) (NTS)
電流により制御される水素吸蔵合金薄膜運動機能素子の研究 (2005) (日本金属学会誌)

Hydrogen reactivity of Li-containing hydrogen storage materials

(2003) (J. Alloys and Compounds)

ご利用案内 | プライバシーポリシー