ゼミ・教員の紹介

持続可能な地域や社会をつくる学び論

岩本ゼミ

学びのコラボレーションを大切にしています

文理融合で幅広い視野を身につけ、社会の変化に柔軟に対応できる社会人として成長して欲しいと思います。そのためには、今よりもっと「成長したい」という意識を常にもって欲しいですね。

岩本 泰 准教授
博士(教育学)
【専門分野】環境教育・ESD・開発教育

研究分野

生活環境・日常の暮らしにおける豊かさ(持続可能性)を考え、実際の暮らしにおける実践や教育活動にどうつなげるか、を研究しています。

研究分野の今後の発展性
社会的課題(イシュー)と暮らしの豊かさの本質とは何か、具体的な実践を今後深める予定です。

研究分野の社会性
人々の暮らしに関わる国際的な議論の動向も常に視野に入れています。(ちなみに現在、教養学部SOHUMプロジェクト「アースミュージアム」にて、芸術学科の先生と多様な実践に挑戦しています)

ゼミナール

近年の教育学等の文献を読んだり、ゼミ内でワークショップをしたり、関連施設(学外)にフィールドワークに出かけたりしています。「百聞は一見にしかず」がモットーです。

研究分野

環境学序論
■環境教育論
環境保全演習(北海道実習)
■人間学1・2
教育総合演習

先生紹介
最終学歴 東京学芸大学大学院連合学校教育学研究科修了 博士(教育学)
所属学会 日本環境教育学会
日本理科教育学会
日本科学教育学会
日本生物教育学会
日本教育方法学会
日本保育学会
こども環境学会
日本国際理解教育学会
日本質的心理学会
主な論文著書 ポスト東日本大震災の開発教育研究
『日本環境教育学会関東支部年報』(2012)
開発と発展の教育言説『学校環境教育論(第6章)−持続可能な社会のための環境教育シリーズ3』筑波書房(2010)
「環境人材」育成を志向する地域環境教育の可能性『教養学部紀要』(第40輯)東海大学教養学部(2012)
学校教育における環境教育−学校教育をめぐる環境教育の現在と未来『現代環境教育入門(第2章)−持続可能な社会のための環境教育シリーズ1』筑波書房(2009)
環境保全活動・環境教育推進法の取り組みについて『生活と環境』Vol.54,No.3(通巻635号)(財)日本環境衛生センター(2009)
総合学習におけるESD(Education of Sustainable Development)の可能性と課題『農村文化運動』NO.182(通巻229号)(社)農村漁村文化協会(2006)

ご利用案内 | プライバシーポリシー