環境保全演習A

西表島の貴重な自然と環境保全を考える!
東海大学教養学部人間環境学科 自然環境課程 

 自然環境課程では、沖縄本島の県立博物館見学で歴史・文化・自然を勉強し、戦争の悲惨さを提示した各施設を訪問する2日間の演習の後、空路で石垣島に渡ります。西表島へは、離島ターミナルから高速船で向かいます。

 西表島では、東海大学沖縄地域研究センターを拠点として、島の歴史・人のくらし・産業・貴重な自然に直接触れ、実体験を通して、人間の生活と自然環境の調和に関して、学生自身が考えます。

 自然環境課程は、「共生社会構築に向けた次世代の育成」を踏まえた教育理念と教育方針を基本として、教育プログラムを構築しています。


ダイジェスト版

石垣島と西表島で実施している演習風景の概要です。撮影は、全て引率教員によるものです。

再生時間 01'25"





01 石垣島〜西表島・マングローブ林

島の歴史・くらし・産業・自然を体験します。真のエコ・ツーリズムについても考えます。

再生時間 03'02"


02 西表島 網取 カヤック・トレッキング体験

自身の力で海から川・山へと移動し、西表の自然を体感します。

再生時間 03'09"



03 西表島 シュノーケリング体験

西表島の網取り施設は、日本でただ一つの自然環境保護地域(海面指定)の中にあります。施設の前には、世界でも1番2番といわれるサンゴの種類が豊富な海が広がっています。

再生時間 03'44"

 


無断転載禁止 著作:自然環境課程・東海大学沖縄地域研究センター 制作:スタジオウェブ

Copyright (C) School of Humanities and Culture,Department of Human Development,Course of Environment and Resources Tokai University. All rights reserved.