教養学部について

教養学部は
いま世の中で私たちができることを考える学部です

“教養学部”であなたの夢を見つけませんか
あなたの夢をかなえてみませんか

教養学部の新しい実践教育プログラム“SOHUM”

教養学部では
学内の講義だけではなく外の世界でプロジェクトを体験することで
あなたの中でまだ眠っている能力を発見し育てます

教養学部のキーワードはふたつ
それは「人間」と「現代」
多様化が進む現代の社会
私たちを取り巻く環境は日々変わり続けています

教養学部は
人間の「今」と「これから」をあなたと一緒に考えます
あなたと一緒に行動します
教養学部にはあなたの将来につながる夢がいっぱいです

それぞれの専門を深めながら
多様化が進む現代社会への視野をひろげ
深い専門能力とさまざまな情報を選別できる能力をもつ
あなたも教養学部で実り多い4年間を過ごしてみませんか

さあ
教養学部のページをひらいてみてください

教養学部は
今から40年前に東海大学創設者の松前重義博士による
“人間生活に関する専門分野を総合的に考える学部”という
当時としては大変斬新な構想から誕生しました

この考え方に基づいて
人間環境学科では人間の外に広がる自然・社会環境を
芸術学科は人間の内面を
そして国際学科はグローバルな視点から「人間」と「社会」を追究します

そして
この3つの学科に共通して流れている「人間」と「現代」を考える目
それをプログラム化したものが
今までにないまったく新しい教育プログラム “SOHUM”なのです

“SOHUM”プログラムがきっとあなたの夢を見つけてくれるでしょう
あなたの夢をかなえてくれることでしょう